福島県民の意見を聞く会「命を削って作らなきゃならないエネルギーなんておかしいでしょ!」

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

☆ブログ「院長の独り言」

夏休みの推薦図書・・読書感想文用
http://onodekita.sblo.jp/article/57441837.html
☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

1・福島県民の意見を聞く会「命を削って作らなきゃならないエネルギーなんておかしいでしょ!」
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2190.html
☆Nuclear F.C : 原発のウソ

8/5 「たね蒔きジャーナル」原発報道で高評価 番組を打ち切り?
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6510683.html
8/5 7割が原発比率「0%」意見聴取会の全日程終了
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6510605.html
☆ブログ「武田邦彦 (中部大学) 」

フランスのホテルのスリッパ
http://takedanet.com/2012/08/post_de78.html
☆パブコメで未来を変えよう
http://publiccomment.wordpress.com/
政府が、今後の原発のあり方について、
あなたの意見を求めています(2012年8月12日)。
WebやFAXで送るあなたの意見で、
未来のエネルギー政策を変えましょう!
☆「メルマガ金原」No.1052  (一部省略)

7/28平智之議員講演会「福島第一原発の事故原因と大飯原発再稼働問題」
 
「エントロピー学会」という組織があります。公式サイトに掲載された「設立趣意書」の一部を引用します。
  http://entropy.ac/modules/xoopsfaq/index.php?cat_id=1#q1

(引用開始)
 物理学におけるエントロピーを用いて、生命および生命を含む系を論ずることの重要性が受け入れられてきている。これに関連して、すでに多くの論文が公にされ、シンポジウムも重ねられ、日本でのこの方面の研究水準は急速に高まりつつある。

 しかしながら、一方、エントロピーということばは、エネルギーということばと同様に近年とみに混乱をきたし、科学技術や社会の諸現象を安易に説明する道具としても用いられるようになってきている。

 それゆえ、自然科学および社会科学におけるエントロピー概念をめぐって、分野を越えた議論を重ね、理解を深める必要が生じてきたと思われ、そのための討論の場として「エントロピー学会」を創設する。

 この学会における自由な議論を通じて、力学的または機械論的思考のみに片寄りがちな既成の学問に対し、生命系を重視する熱学的思考の新風を吹き込むことに貢献できれば幸いである。
(引用終わり)
 
 一読しただけでは、どういう学会なのか、私にはさっぱり分からないのですが、なぜその「エントロピー学会」をメルマガで取り上げたかというと、同学会・関西セミナーの主催により、去る7月28日(土)、京都市の同志社大学「臨光館」において、衆議院議員(京都1区選出)の平智之氏を講師に招いた公開講演会「福島第一原発の事故原因と大飯原発再稼働問題~なぜ私はネイチャー誌に論文を投稿したのか なぜ私は民主党に離党届を提出したのか」が開かれたからです。

 講演会の開催案内を一部引用します。
  http://entropy.ac/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=632

(抜粋引用開始)
 平智之氏は、京都大学工学部物理工学科で高温金属、米国 UCLA 大学院でファインセラミクスの材料強度学を専攻した経歴を持つ。材料の特性を知るなかで原子炉の安全性がいかに脆弱であるかを思い知らされたと述べている。昨年の12月には、鳩山元首相との共著で『ネイチャー』誌に寄稿し、福島第一原発過酷事故についての政府や東電が発表するデータの信憑性に疑問を呈しつつ、再臨界と核爆発の発生の可能性を指摘している。平氏は、福島第一原発の過酷事故発生原因が解明されないままに大飯原発を再稼働すると決定した野田政権の姿勢に抗議し、6月18日に民主党に離党届を提出している。平議員に、福島原発事故の真相や日本政府や与党の意思決定の実態はどうなっているのか、エネルギー政策を転換するために我々は何をすべきかなどについて語って いただく。
(引用終わり)
 
 ちなみに、「6月18日に民主党に離党届を提出している」とありますが、7月3日には正式に受理されて「無所属」となり、ただちに新党結成に向けて「1人」で動き出したようです(ブログに「平安党宣言」という文章が掲載されています)。
  http://t-taira.net/blog/2012/07/post-609.html

 そして、その公開講演会の模様が You Tube にアップされています。
  http://www.youtube.com/watch?v=HhH4zHtzKzA (2時間20分32秒)
※索引が付いていますので、興味のある部分だけ視聴することも容易です。
   平議員の講演は11分30秒から始まります。
 
 講演でも触れられていますが、英国の科学誌「nature」2011年12月15日に掲載された論文(comment)の参考訳(平議員編集)を読むことができます。
  http://www.natureasia.com/japan/nature/specials/earthquake/nature_comment_121511.php

 「nature」掲載commentの正確性について、どうこう言える素養は私には全くありませんが、講演を虚心に聴けば、平議員の誠実さは疑えないと思います。
 是非、全編視聴していただきたいと思います。
 
 さて、衆議院に内閣不信任案が提出されることになり、解散総選挙も近いかもしれません。
 京都1区の有権者が賢明な選択をされることを心から期待したいと思います。
 
 --- -------------------------
☆Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

*今日の「最低気温27℃→最高気温32℃」 

☆今朝の定例の散歩(7:00~8:30)は、3人(一、公、嘉)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中