福島県・双葉町(臨時)ホ-ムペ-ジ 町長からのメッセージ

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!
☆ブログ「天木直人のブログ」

脱原発を唱える者たちよ、いまこそ井戸川町長の下に結集せよ!
http://www.amakiblog.com/archives/2012/12/21/
☆福島県・双葉町(臨時)ホ-ムペ-ジ

町長からのメッセージ
http://www.town.futaba.fukushima.jp/message.html/
☆ブログ「日々雑感」

 福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 福島県が検討委に依頼のメール文面
http://hibi-zakkan.net/archives/21463940.html
☆ブログ「院長の独り言」

毛髪・乳歯による内部被曝検査を隠蔽する政府と報道
http://onodekita.sblo.jp/article/60915115.html
☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

<許されない!>下地先生不当逮捕 「駅での訴え 犯罪?」東京新聞こちら特報部12/21(書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2654.html
☆Nuclear F.C : 原発のウソ

そもそも脱原発はこれで終わるのだろうか?@そもそも総研
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6819807.html
「メルマガ金原」No.1206(一部省略)

 「9条の会」活動の蓄積を活用しよう!(例えば「商社九条の会・東京」)

 昨日お送りした「今だからこそ『9条の会』!」はお読みいただけたでしょうか?
  http://kimbara.hatenablog.com/entry/2012/12/19/232934
 
 おそらく、全国各地の「9条の会」の皆さんが、どうしたらこの危機的状況の中で、「9条の会」の活動を活性化し、今まで届かなかった層にまでアピールできるのだろうか?ということに頭をめぐらしていることと思います。
 
 私自身、これという具体的なアイデアがある訳ではありませんが、少なくとも、これまで全国各地で取り組まれてきた「9条の会」による運動の成果が無駄になる訳では決してありません。
 
 手前味噌で申し訳ありませんが、私が所属する「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」は、結成後わずか1年にして、創立1周年記念誌『平和のうちに生きるために』というA4版140頁という堂々たる(?)冊子を2006年に発行(大胆にも1500冊も印刷してしまったため、いまだに相当の在庫が残っている)したのですが、読み返してみると、決して古びていないと感じます。
 さすがに、2005年12月に開催した「リレートーク 自民党改憲案の検証」(4人の会員が自民党「新憲法草案」を分担して徹底批判し、これを完全文字起こししたもの)は、2012年4月に自民党「日本国憲法改正草案」が発表された今となっては、理論的な部分は古びていないにしても、もう一度「リレートーク」をやり直ししたい気持ちになりますが。
 余談ながら、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」では、来年の参議院選挙までに実施する企画の具体的検討を始めていますので、「新版 リレートーク『自民党改憲案の検証』」の開催を提案してみようかな。
 もしもやるとすれば、2005年の「リレートーク」には参加していなかった新たな層に、どうすれば関心を持ってもらえるか、工夫を要するところですね。
 
 以上は一例に過ぎませんが、「9条の会」の活動を活性化すると言っても、何もいままでにない全く新しいことをしなければならないということではないと思います(実際、やろうと思っても難しいでしょう)。
 今まで声を届けられなかった層への浸透という目標は常に念頭に置く必要はあるものの、まずはこれまでの「活動の蓄積」を振り返り、そこを拠り所として新たな展望を切り開いていくというのが正道でしょう。
 
 その作業は、各「9条の会」ごとに取り組むことになる訳ですが、優れた「活動の蓄積」を公開してくれている所もあります。
 ここでは、その一例として、「商社九条の会・東京」ホームページをご紹介します。
  https://sites.google.com/site/shosha9jho/home/

 東京という地の利もあり、もしかするとそれなりの資金力もあるのかもしれませんが、非常に充実した講演会や学習会を継続して開催しており、しかも、事後に講演録を文字化して、WEBサイト上に無料で公開してくれています。
 
活動記録 https://sites.google.com/site/shosha9jho/record
 
講演記録集 https://sites.google.com/site/shosha9jho/docs
 
学習会記録集 https://sites.google.com/site/shosha9jho/study
 
 最新の第13回講演会(2012年7月7日)は小出裕章さん、最新学習会(第12回)は小倉士郎さん(2012年2月26日)という具合に、今年は原発関連の講師を招いているようですが、昨年の8月27日には、ペシャワール会現地代表の中村哲医師を招いた「アフガニスタンに生命の水を」という講演会(第12回)を開催しています。
 この他、高遠菜穂子さん、伊勢﨑賢治さん、澤地久枝さん、品川正治さんなど、和歌山にも講演に来ていただいた方々の講演録が掲載されていますし、まだ未読ですが、保阪正康さん、天木直人さんの講演録なども是非読んでみたいと思います。
 
 もっとも、「活動の蓄積」というのは、何も以上のような講演録のようなものだけをイメージしている訳ではありません。結成以来培ってきた「人と人との繋がり」や、活動を広めていくための「工夫、ノウハウ」のような無形のものこそ、最も貴重な「蓄積」かもしれません。
 各「9条の会」に今求められているのは、これまでの活動を振り返り、その蓄積を確認するとともに、運動を再構築していくための新たなスタートをまずは切ることでしょう。
 もちろん、これは私自身に課せられらた課題でもあるのです。

--- -------------------------
☆①Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆②WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆③TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆④Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆⑤Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆⑥Ameba Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://ameblo.jp/mainichisundayman/

☆⑦「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

☆今日の「最低気温3℃→最高気温10℃」

☆今朝の定例の散歩(8:00~9:30)は、5人(一、喬:照、公、禎)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)
~~~~~~<リンク・サイト> ~~~~~~~~
☆原発がこわい女たちの会         http://blog.zaq.ne.jp/g-kowai-wakayama/
☆放射能から命を守りたい in 和歌山   http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/
☆子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば    http://takumiuna.makusta.jp/
☆原発いらない福島の女たち             http://onna100nin.seesaa.net/
☆原発いらない和歌山の女たち          http://onna-wakayama.seesaa.net/
☆あわたまのブログ             http://ameblo.jp/awatama-wakayama/
☆滝畑地区自治会 婦人部     http://yamaguchi.e-wakayama.net/index.html
☆wakaben6888のブログ(金原徹雄)    http://kimbara.hatenablog.com/
☆京都・市民放射能測定所ブログ    http://crmskyoto.exblog.jp/
☆風力発電の被害を考える会・わかやま http://blog.livedoor.jp/windfarm_wakayama/

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中