自民党「日本国憲法改正草案Q&A」の呆れた内容(天賦人権説の否定)

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!
☆ブログ「院長の独り言」

福島原発事故当初のドキュメント-現場運転員の取材から書き起こした本(必読)
http://onodekita.sblo.jp/article/60573630.html
☆小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

六ヶ所の再処理コスト 稼働率100%で英仏の2倍 稼働率20%で10倍 小出裕章さんが指摘(「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場」)
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/12/07/rokkasho_2012dec7/
☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

「雪に疑いを持っていた人たちは、もともと那覇に住んでいた市民ではなく、 東日本大震災が起こってから、東京や神奈川から自主避難してきた人たちでした」北九州市にて・中村雅俊さん
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2608.html
☆中村隆市ブログ 「風の便り」

<イラク>新生児の異常急増 04年以降 
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-12145
☆Nuclear F.C : 原発のウソ

笹子トンネル天井崩落事故について。@ぽぽんぷぐにゃん
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6793458.html
☆ブログ「武田邦彦 (中部大学) 」

シリーズ・食材汚染(1)・・・今、牛乳をどう考えるのか?
http://takedanet.com/2012/12/post_157b.html
「メルマガ金原」No.1190(一部省略)

自民党「日本国憲法改正草案Q&A」の呆れた内容(天賦人権説の否定)

 私の若き友人、さすらいのシンガー・ソングライターは封印し、今は和歌山市浜の宮の「Cafeざっか屋あわたま」のマスターを務める「のぶさん」こと高橋伸明さんがシェアしていた Facebook の情報で教えてもらうまで、私としたことが(?)全く気がついていませんでした。
 何かといえば、標題の自民党「日本国憲法改正草案Q&A」のことです。 
その情報→ http://togetter.com/li/414355
 「日本国憲法改正草案」の条項自体は、今年の4月27日に公表された直後に通読していたのですが、「Q&A」は見過ごしていました。
自民党ホームページ(「改正草案」を紹介したページ)
 http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html
自民党「日本国憲法改正草案」(pdf)
 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
自民党「日本国憲法改正草案Q&A」(pdf)
 http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf
 この「Q&A」は、それこそ突っ込みどころ満載ですが、twitter や Facebook で話題沸騰のこの箇所が、やはり全国民必読の「お薦め(!?)箇所」でしょう。
Q13 「日本国憲法改正草案」では、国民の権利義務について、どのような方針で規定したのですか?
A 国民の権利義務については、現行憲法が制定されてからの時代の変化に的確に対応するため、国民の権利の保障を充実していくということを考えました。そのため、新しい人権に関する規定を幾つか設けました。また、権利は、共同体の歴史、伝統、文化の中で徐々に生成されてきたものです。したがって、人権規定も、我が国の歴史、文化、伝統を踏まえたものであることも必要だと考えます。現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました。例えば、憲法11条の「基本的人権は、……現在及び将来の国民に与へられる」という規定は、「基本的人権は侵すことのできない永久の権利である」と改めました。
 
 上記のアンダーラインは、私が(ひどいところを)強調しようとして付したものではありません。「Q&A」の原文自体に付されているのです。びっくりしますよね。「改正草案」の起草者にとっても、「人権規定も、我が国の歴史、文化、伝統を踏まえたものであることも必要だと考えます。現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました」というところは、よほど自慢すべき箇所として強調したかったのでしょう。
 
 自民党の「日本国憲法改正草案」が、立憲主義自体の否定であるとの批判は、発表直後から多くの識者によって指摘されていました。
 僭越ながら、私も以下の2つの小文を書いていますので、ご参照いただければ幸いです。
 
「憲法記念日に考える(立憲主義ということ)」
 http://kimbara.hatenablog.com/entry/2012/09/14/221052
「『立憲主義』を聴いたことがないという参議院憲法審査会委員」
 http://kimbara.hatenablog.com/entry/2012/11/12/223218
 
 「立憲主義」を無視しようというくらいですから、「天賦人権説」を否定することなど何でもないことなのでしょう。しかし、「立憲主義」と「天賦人権説」の両者を否定した「憲法」を、いかに保守的・右寄りと言われる憲法学者であっても、もはやそれを「憲法」とは呼ばない(呼べない)でしょう。
 
 岩波文庫の『人権宣言集』、『世界憲法集』の2冊をお持ちの方は是非参照していただきたいのですが、世界の多くの国々の「憲法」は、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」(日本国憲法97条)として存在しているのです。
 ちなみに、自民党「改正草案」では、この97条は「完全削除」されています。
 
 その「努力」の若干を引用します。
 
ヴァジニアの権利章典(1776年)
「すべて人は生来ひとしく自由かつ独立しており、一定の生来の権利を有するものである。これらの権利は人民が社会を組織するに当り、いかなる契約によっても、人民の子孫からこれを奪うことのできないものである」
 
アメリカ独立宣言(1776年)
「われわれは、自明の原理として、すべての人は平等に造られ、造物主によって、一定の奪いがたい天賦の権利を付与され、そのなかに生命、自由および幸福の追求の含まれることを信ずる」
 
人および市民の権利宣言(1789年/フランス人権宣言)
「人は、自由かつ権利において平等なものとして出生し、かつ生存する。社会的差別は、共同の利益の上にのみ設けることができる」
 
 日本国憲法が、その直系の子孫であることは、「Q&A」が指摘するとおりです。
 
日本国憲法(1946年)11条
「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる」
 
 日本国憲法が制定された後の動向にも目を配っておきましょう。
 
国際連合・世界人権宣言(1948年)
 http://unic.or.jp/information/universal_declaration_of_human_rights_japanese/
「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない」
 
国際連合・市民的及び政治的権利に関する国際規約(1966年/自由権規約)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c_001.html

特にその「第三部」において詳細な権利が規定されています。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c_004.html
 
 それから、隣国の憲法にも注目しておきましょう。
大韓民国憲法(1987年/第六共和国憲法)10条
 http://www.geocities.jp/koreanlaws/kenpou.html

「すべての国民は、人間としての尊厳および価値を有し、幸福を追及する権利を有する。国家は、個人の有する不可侵の基本的人権を確認し、これを保護する義務を負う」
 
朝鮮民主種主義人民共和国憲法(1998年-2012年)63条
 http://naenara.com.kp/ja/great/constitution.php
「朝鮮民主主義人民共和国において公民の権利と義務は、『1人はみんなのために、みんなは1人のために』という集団主義の原則に基づく」
 
 そこで、自民党が作ろうとしている「憲法」(のようなもの)はどうなっているのでしょうか。
 
自由民主党「日本国憲法改正草案」13条
「全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない」
 
 上記の条項の解釈にあたっては、「Q&A」の、Q14を参照する必要があります。その答えにはこう書かれています。
「今回の改正では、このように意味が曖昧である「公共の福祉」という文言を「公益及び公の秩序」と改正することにより、憲法によって保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにしたものです」

 やはり、アンダーラインは、自民党の「Q&A」担当者自身が付したものです。
 最新の憲法学会の状況には不分明ですが、少なくとも私が司法試験の受験勉強をしていたころの通説は、「公共の福祉」とは「人権相互の衝突の(調整原理として用いられる)場合に限られる」というものでした(この解釈は、フランス人権宣言に淵源を有するものです)。

 「Q&A」は、これに続けて、以下のように延べます。
「なお、「公の秩序」と規定したのは、「反国家的な行動を取り締まる」ことを意図したものではありません。「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、平穏な社会生活のことを意味します。個人が人権を主張する場合に、他人に迷惑を掛けてはいけないのは、当然のことです。そのことをより明示的に規定しただけであり、これにより人権が大きく制約されるものではありません」
 
 この説明に納得する人がいれとすれば、自分で考えるということを放棄したよほど「素直な」人というべきでしょう。
 
 そこで、最後に皆さんに質問です。
 自民党が考える「憲法」で保障すべき国民の「権利義務」の内容は、お隣の韓国と北朝鮮のうちの、どちらの憲法により似ているでしょうか?
(私の意見は、色分けによって容易に推測がつくとは思いますが)
 
(付記その1)
 自民党の「Q&A」Q13に書かれている「現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました」にいう「こうした規定」とは、例としてあげられている現行11条のように、欧文脈が顕著な規定という意味であり、こうした規定を自然な日本語に「改める」という趣旨だと限定的に解釈することも不可能ではありません。
 しかし、それに引き続くQ14や草案・前文などとと併せ読めば、そして現行97条の削除などを見れば、「天賦人権思想」そのものに対する敵意は明瞭であり、上に記した意見を改める必要は全く感じません。
 
(付記その2)
福澤諭吉(共著者:小幡篤次郎)『學問のすゝめ(初編)』(1872年)冒頭
 http://www.geocities.jp/sybrma/92gakumonnosusume.html

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり。されば天より人を生ずるには、萬人は萬人皆同じ位にして、生れながら貴賤上下の差別なく、萬物の靈たる身と心との働を以て天地の間にあるよろづの物を資(と)り、以て衣食住の用を達し、自由自在、互に人の妨をなさずして各安樂に此世を渡らしめ給ふの趣意なり」※ しかし、21世紀の日本で、福澤諭吉以前に舞い戻ろうという政党が政権を握るかもしれない状況を迎えようとは夢にも思いませんでした。

--- -------------------------
☆①Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆②WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆③TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆④Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆⑤Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆⑥Ameba Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://ameblo.jp/mainichisundayman/

☆⑦「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

☆今日の「最低気温3℃→最高気温10℃」

☆今朝の定例の散歩(8:00~9:30)は、5人(公、喬:照、禎、嘉)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)
☆今日は「金曜日」。NSNでの呼びかけで、和歌山関西電力前の交差点での「脱原発」等の個人アピ-ル行動(18:00~19:00)に参加した。今夜は、凄く冷え込んだ。参加者は、少なく、常連の15名だった。年末12/28、年始1/4もアピ-ルをしましょう!と申し合わせた。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)
~~~~~~<リンク・サイト> ~~~~~~~~
☆原発がこわい女たちの会         http://blog.zaq.ne.jp/g-kowai-wakayama/
☆放射能から命を守りたい in 和歌山   http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/
☆子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば    http://takumiuna.makusta.jp/
☆原発いらない福島の女たち             http://onna100nin.seesaa.net/
☆原発いらない和歌山の女たち          http://onna-wakayama.seesaa.net/
☆あわたまのブログ             http://ameblo.jp/awatama-wakayama/
☆滝畑地区自治会 婦人部     http://yamaguchi.e-wakayama.net/index.html
☆wakaben6888のブログ(金原徹雄)    http://kimbara.hatenablog.com/
☆京都・市民放射能測定所ブログ    http://crmskyoto.exblog.jp/
☆風力発電の被害を考える会・わかやま http://blog.livedoor.jp/windfarm_wakayama/

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中