総理指示「出荷制限指示」栃木・千葉・群馬・茨城・埼玉・新潟・静岡・青森・山梨・神奈川・長野・山形

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

  ☆青山貞一ブログ

無節操なマスコミのバカ騒ぎに代わる第三極!  青山貞一
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp14122.html
☆ブログ「DARKNESS」

隠蔽と世論誘導は、インターネットで次々と暴露される時代に
http://www.bllackz.com/2012/11/blog-post_20.html
☆ブログ「福島県は「放射能死灰の町」となった」

大阪「蓬莱551」が「大阪の震災がれき受け入れには無関心ではいられない」
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/69c1e70025ace5faa3354dfd6742aeac
☆ブログ「日々雑感」

 橋下維新:今度は「企業献金禁止」をあっさり撤回【ズルズル】
http://hibi-zakkan.net/archives/20359249.html
☆小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

11月18日「汚染地帯に残れば被ばくをする。必ず健康被害を受ける。それを避け逃げようとすれば 生活が崩壊してしまう。どちらを選ぶのかという選択を迫られてる現実」(岐阜市講演)
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/11/19/gihu_2012nov18/#more-4533
☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

総理指示「出荷制限指示」栃木・千葉・群馬・茨城・埼玉・新潟・静岡・青森・山梨・神奈川・長野・山形(見やすくしてみた)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2554.html

 

☆Nuclear F.C : 原発のウソ

大本営世論調査がひた隠す 「生活」支持率第1位情報
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6754376.html
国民の生活が第一 小沢一郎代表 記者会見
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6753908.html
「メルマガ金原」No.1173 (一部省略)

島薗進氏『チェルノブイリ事故後の旧ソ連医学者と日本の医学者―イリーン と重松の連携が3.11後の放射線対策にもたらしたもの―』
 
 東京大学大学院教授(宗教学)・島薗進氏の論考、特に、山下俊一氏に連なる日本の放射線防護学の歩みの検証は、これまでも何度かご紹介してきました。

 その島薗氏による新たな論考が、同氏のブログ「宗教学とその周辺」に連載されていましたのでご紹介します。

 現在、第4回までが掲載されており、果たして完結したかどうかが不明なのですが、ここまででもまとまりのある論考となっていますので、ひとまずここでご紹介することとしました。
 
(1)レオニード・イリーン、重松逸造、山下俊一(2012年10月15日)
  http://shimazono.spinavi.net/?p=393
(2)チェルノブイリ事故以前の状況と直後の対応
  http://shimazono.spinavi.net/?p=397
(3)しきい値あり論者イリーンの350mSv基準の主張
  http://shimazono.spinavi.net/?p=399
(4)イリーンに協力した重松逸造の系譜の医学者
  http://shimazono.spinavi.net/?p=406
 
 今回の論考は、総タイトル『チェルノブイリ事故後の旧ソ連医学者と日本の医学者―イリーンと重松の連携が3.11後の放射線対策にもたらしたもの-』が端的にその内容を語っていますが、島薗氏は、1冊の訳書に注目し、その内容を読み解いていきます。それは、
  『チェルノブイリ:虚偽と真実』
   L.A.イリーン著
   翻訳監修:重松逸造・長瀧重信
   翻訳:山下俊一他7名
   原書1994年刊、日本語版1998年刊(長崎・ヒバクシャ医療国際協力会)という書籍です。
 レオニード・イリーンはチェルノブイリ後のソ連の放射能対策で指導的な役割を果たした医学者であり、その人物と重松逸造との密接な連携、そして重松→長瀧→山下と連なる系譜(現在の「福島県県民健康管理調査」にまで直結している)を、島薗氏は解き明かしていきます。

 そして、第4回の末尾をこう締めくくっています。
 
(引用開始)
 イリーンの『チェルノブイリ:虚偽と真実』は、(略)原発推進側に立ち、放射能被害を被る人々の立場を軽視する経緯をソ連政府側当事者の立場から描くことで、図らずも核大国と原発推進勢力の利益を守ろうとする国際的な「専門家集団」の結束のあり方を浮彫にしてくれている。
(引用終わり)
 
 なお、連載第4回でも触れられていますが、2001年6月のキエフ会議を取り上げた以下の映像作品(スイス)は必見ですので、再度ご紹介しておきます。
 邦題『真実はどこに?-WHOとIAEA 放射能汚染を巡って-』
  http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI (50分31秒)
 
(付記)
 「宗教学とその周辺」に掲載された島薗進教授による過去の論考を未読の方は、是非目を通していただきたいと思います。
 
中川保雄『放射線被曝の歴史』に学ぶ
① http://shimazono.spinavi.net/?p=236
② http://shimazono.spinavi.net/?p=238
③ http://shimazono.spinavi.net/?p=240
※ 『放射線被曝の歴史』はその後増補版が再刊されました。 
 
低線量被ばくリスクWG主査長瀧重信氏の科学論を批判する
 http://shimazono.spinavi.net/?p=263

 日本の放射線影響・防護専門家がICRP以上の安全論に傾いてきた経緯―ICRPの低線量被ばく基準を緩和しようという動きの担い手は誰か?―
① http://shimazono.spinavi.net/?p=267
② http://shimazono.spinavi.net/?p=279
③ http://shimazono.spinavi.net/?p=283
④ http://shimazono.spinavi.net/?p=291
⑤ http://shimazono.spinavi.net/?p=295
⑥ http://shimazono.spinavi.net/?p=302
⑦ http://shimazono.spinavi.net/?p=304
⑧ http://shimazono.spinavi.net/?p=310
 
放射線のリスク・コミュニケーションと合意形成はなぜうまくいかないのか?
① http://shimazono.spinavi.net/?p=339
② http://shimazono.spinavi.net/?p=347
③ http://shimazono.spinavi.net/?p=353
④ http://shimazono.spinavi.net/?p=359
⑤ http://shimazono.spinavi.net/?p=368
⑥ http://shimazono.spinavi.net/?p=380
⑦ http://shimazono.spinavi.net/?p=385
⑧ http://shimazono.spinavi.net/?p=390
 --- -------------------------
☆①Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆②WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆③TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆④Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆⑤Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆⑥Ameba Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://ameblo.jp/mainichisundayman/

☆⑦「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

☆今日の「最低気温9℃→最高気温14℃」

☆今朝の定例の散歩(8:00~9:30)は、2人(公、嘉)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)

 

 
~~~~~~<リンク・サイト> ~~~~~~~~
☆原発がこわい女たちの会         http://blog.zaq.ne.jp/g-kowai-wakayama/
☆放射能から命を守りたい in 和歌山   http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/
☆子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば    http://takumiuna.makusta.jp/
☆原発いらない福島の女たち             http://onna100nin.seesaa.net/
☆原発いらない和歌山の女たち          http://onna-wakayama.seesaa.net/
☆あわたまのブログ             http://ameblo.jp/awatama-wakayama/
☆滝畑地区自治会 婦人部     http://yamaguchi.e-wakayama.net/index.html
☆wakaben6888のブログ(金原徹雄)    http://kimbara.hatenablog.com/
☆京都・市民放射能測定所ブログ    http://crmskyoto.exblog.jp/

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中