「日本の子どもはチェルノブイリとは違ってヨウドが過剰だから大丈夫!」県民健康管理調査『甲状腺検査』説明会

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!
☆ブログ「ぼちぼちいこか。。。」

11月15日 福島県:県民健康管理調査の第2回検討会の進行表の存在が発覚【公文書ファイルではなく、職員個人が資料を保管していた…】
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3615145.html
☆ブログ「福島県は「放射能死灰の町」となった」

細野豪志、女性秘書と不倫の記事で首相ダメ。放射能汚染の質問状を無視。
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/ea3a18df935d197eccd324fc9a57c1f5
☆ブログ「フランスねこのNews Watching」

アレバ社、環境保護分野の劣等賞「ピノキオ賞」を受賞/ルモンド紙(11月15日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/1115-6467.html
☆ブログ「日々雑感」

【罵詈雑言・ヤジだらけ】1116 民主党 街頭宣伝 菅直人・安住淳・蓮舫
http://hibi-zakkan.net/archives/20223111.html
☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

「日本の子どもはチェルノブイリとは違ってヨウドが過剰だから大丈夫!」県民健康管理調査『甲状腺検査』説明会 11/10鈴木眞一氏質疑応答(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2542.html
☆Nuclear F.C : 原発のウソ

11日「反原発・大占拠」の首都中枢は戒厳令さながらに @秋場龍一
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6746879.html
「メルマガ金原」No.1169  (一部省略)

最後まであきらめないために~小出裕章さんの日高原発阻止運動への言及

 久しぶりに、「小出裕章(京大助教)非公式ブログ」からのご紹介です。
 存続運動の盛り上がりにもかかわらず、秋の番組改編で「たね撒きジャーナル」(MBS毎日放送ラジオ)が打ち切りとなった後も、小出さんの積極的な発言は続いています。是非フォローしてくださいね。
 
 ブログ「小出裕章(京大助教)非公式ブログ」  http://hiroakikoide.wordpress.com/
 
 Facebook「小出裕章(京都大学原子炉実験所)の情報を拡散する会」
  http://www.facebook.com/hiroaki.koide.info
 
 さて、今回は、小出さんの発言のうち、以下の2件をご紹介します。
 
1月2日 「日高原発は建設の可能性がかなり高かった」それを許さなかったワケ小出裕章(民医連新聞)非公式まとめ   http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/11/15/miniren_2012jan2/

 全日本民医連   http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/shinbun/2012/1515/1515-06.html

11月8日「最後の最後まで抵抗を続ける人達が崩れる事なく残ったという歴史が最後の勝敗を分けた そういう人たちを孤立させない運動が必要なんだと思います」小出裕章(8bitnews)
 非公式まとめ  http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/11/10/8bitnews_2012nov8/
 You Tube http://www.youtube.com/watch?v=LARy2-D4eIs   (12分44秒)
文字書き起こし(みんな楽しくHappy?がいい♪)http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2526.html
 
 なぜこの2つの発言を取り上げたかといえば、どちらにも「日高原発(和歌山県)」建設阻止運動への言及があったことによります。 まず、「民医連新聞」から。

(抜粋引用開始)
 京都大学原子炉実験所に勤務した一九七四年当初から、日高原発の反対運動にかかわりました。住民勉強会の講師を務め、反対のビラをまいたこともあります。

 事故が起きるから過疎地に造る、原発とはそういうもの。人と富を中央に集め、地方は切り捨て、やっかいなものを押しつける「差別の論理」です。日高原発も、その日本の原発政策の一例でした。
 今から考えれば、日高原発は建設の可能性がかなり高かった。それを許さなかったのは、住民が体を張ってたたかったこと。比較的豊かな漁場で、原発補償金に頼らなくても生活できたこと。関西電力が同時期に福井県でも原発を建設中で、関電の力が分散されたこと、と推測しています。
(引用終わり)
 
 次に、ペイフォワード環境情報教室での発言から。

(抜粋引用開始)
 今、福島第一原子力発電所で、ものすごい放射能汚染が起きていますが、その放射能汚染を被った浪江町というところも、かつて原子力発電所をつくられようとしたのですが、住民が必死で抵抗してそれをとどめたという事がありました。ただ残念ながら福島第一原子力発電所の事故に巻き込まれて、せっかく自分たちのところでは阻止したのですけれども、汚染には巻きこまれてしまうという事になりました。

 でもその他にも原子力発電所に狙われてそれを阻止したというところは、日本中に沢山あります。新潟県の巻町もそうでしたし、三重県の芦浜、私の住んでいる大阪の近くでも、紀伊半島では日高、日置川(ひきがわ)、古座、那智勝浦、熊野というところに次々と原子力発電所が建てられようと計画されましたけれども、全てそれを阻止するという歴史が続いています。

 そういうのは若狭湾沿岸でもありますし、中国地方でもありますし、各地の住民が何とか抵抗して留めてきたというような、ながーい歴史はこれまでにも沢山存在しています。
(中略)
 それはやはり、自分たちの村、自分たちの町は自分たちで作るしかないという固い意志。それだと私は思います。え…私のところに一番近い原子力発電所の候補地は和歌山県の日高というところでした。そこも原子力発電所の計画が持ち上がって、関西電力が金をばらまきながら住民を次々と切り崩していったのですが、最後の最後まで抵抗を続ける人達が崩れることなく残ったという事が、最後の勝敗を分けました。どこの地域にももちろんそういう人達はいる訳ですけれども、そういう人たちを孤立させないで、周辺からも支えていくという運動が、やはりどこでも必要なんだと思います。
(引用終わり)
 
 長年、和歌山県に住みながら、原発建設阻止闘争を「歴史」としてしか知らないというのは恥ずかしい限りですが、今年出版された以下の書籍などを読んで勉強しています。
 
『原発を拒み続けた和歌山の記録』
 汐見文隆◆監修
 「脱原発わかやま」編集委員会◆編
  四六版並製252頁 
  定価1575円(税込)
  発行 寿郎社
  取次 地方・小出版流通センター
※AMAZONや楽天ブックスでも注文できます。(AMAZON)
 
 実は、今年の8月20日(月)、21日(火)の両日、毎年恒例となっている京都大学原子炉実験所「原子力安全研究グループ」(俗に「熊取6人組」とも言われる)のメンバー(無くなった瀬尾健さん以外の5人の皆さん)やその研究仲間、知り合いのジャーナリストらの合宿が、今年も和歌山県日高町の民宿で行われましたが、その民宿のご主人こそ、小出さんや今中哲二さんをして「濱さんが体を張ったから日高原発は止まった」と言わしめた濱一巳さんなのです。

※昨年(2011年)行われた合宿の模様が、以下の毎日放送の番組『放射能汚染の時代を生きる~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~』の39分40秒から視聴できます。
  http://www.youtube.com/watch?v=aJtfB0saVVI
 
 また、今年の合宿に参加した市民(どちらも女性)が書いた参加記が以下で読めます。
 
「原発がこわい女たちの会」ブログ http://blog.zaq.ne.jp/g-kowai-wakayama/article/19/

「あまぐりさんのさくぶん」ブログ http://amaguri.grupo.jp/blog/207098

 実は、私も合宿の1日目だけですが、参加させてもらいました。
 そして、夕食前に、他の数人の参加者とともに、濱さんが操縦する漁船に乗せて戴き、関西電力が計画した原発建設予定地を海から見学することができました。しかも、当事者中の当事者であった濱さん自らの解説付きなのですから、これほど豪華な現地学習会はありません。
 無人の海岸沿いに、作業のためでしょうか、関西電力が電線を引いた電柱が今もぽつんと立つ姿を海上から眺めながら、まさに「古戦場」を見る思いでした。
 
 しかし、「日高」に原発が建つことはもうないかもしれませんが、青森県の「大間」をはじめとして、次々と建設を再開しようとする動きが顕在化しており、また、12月に行われる総選挙の結果次第では、とんでもない原発推進政権が誕生しないとも限りません。

 今こそ、小出さんの以下の言葉をかみしめたいと思います。
 
(引用開始)
 私などはずっと原子力の巨大な力と戦いながら来たのですけれども、言ってみれば私の歴史は敗北の歴史でした。次々と原子力発電所を建てられてきてしまいました。…正直に言えば絶望しかけたことも何度もありますけれども、そのたびに「絶望した時が最後の負けだ」と自分に言い聞かせながらきましたし、「これからも決して絶望だけはしたくない」と思っています。
(引用終わり)

 --- -------------------------
☆①Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆②WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆③TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆④Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆⑤Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆⑥Ameba Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://ameblo.jp/mainichisundayman/

☆⑦「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

☆今日の「最低気温7℃→最高気温16℃」
☆今朝の定例の散歩(8:00~9:30)は、3人(一、公、嘉)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)
☆今日は「金曜日」。NSNでの呼びかけで、和歌山関西電力前の交差点での「脱原発」等の個人アピ-ル行動(18:00~19:00)に参加した。
  (画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)
~~~~~~<リンク・サイト> ~~~~~~~~
☆原発がこわい女たちの会         http://blog.zaq.ne.jp/g-kowai-wakayama/
☆放射能から命を守りたい in 和歌山   http://savealivingthingffor.blog.fc2.com/
☆子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば    http://takumiuna.makusta.jp/
☆原発いらない福島の女たち             http://onna100nin.seesaa.net/
☆原発いらない和歌山の女たち          http://onna-wakayama.seesaa.net/
☆あわたまのブログ             http://ameblo.jp/awatama-wakayama/
☆滝畑地区自治会 婦人部     http://yamaguchi.e-wakayama.net/index.html
☆wakaben6888のブログ(金原徹雄)    http://kimbara.hatenablog.com/
☆京都・市民放射能測定所ブログ    http://crmskyoto.exblog.jp/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中