福島県民の意見を聞く会「本当に将来にわたって子どもたちの健康に影響はないのでしょうか!?」福島小学校教員

―――*原発廃止*―――
*即・原発を廃止しても、使用済み燃料や原子炉廃材の放射能と100万年!
*低線量被曝に関しては、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「2010年勧告」を基調にする。
*国家権力の横暴を許さず、主権者である国民の命と生活を守る政権の樹立を!
――――――――――――

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

☆ブログ「 みんな楽しくHappy♡がいい♪」

「本当に将来にわたって子どもたちの健康に影響はないのでしょうか!?」福島小学校教員
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2192.html
「今の私たちなら正しい選択ができるんだから・・・」伊達市在住
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2191.html
☆Nuclear F.C : 原発のウソ

8/6 信濃毎日新聞の社説 原爆の日 「非核」を進める礎に
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6513487.html
☆パブコメで未来を変えよう
http://publiccomment.wordpress.com/
政府が、今後の原発のあり方について、
あなたの意見を求めています(2012年8月12日)。
WebやFAXで送るあなたの意見で、
未来のエネルギー政策を変えましょう!
☆「メルマガ金原」No.1053  (一部省略)

秘密保全法制シンポジウムⅡ「原発事故が起きたら?-市民の安全を守れるか?-」
(日本弁護士連合会) 
 
 去る8月2日(木)、東京の弁護士会館において、日本弁護士連合会の主催により、秘密保全法制シンポジウムPARTⅡ「原発事故が起きたら?-市民の安全を守れるか?-」が開催されました。
  http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2012/event_120802.pdf
 
 シンポの映像がUSTREMで公開されています。
  http://www.ustream.tv/recorded/24415191 (2時間33分18秒)
  ※ 5分過ぎから開演します。
 
 シンポ内容のあらましは以下のとおりです。目安となる時間を表示しておきますので、興味のある箇所だけ視聴することも可能ですが、出来れば最初から観て欲しいですね。

 主催者挨拶はカットして、11分ころからご覧になるのがお薦めです。その場合には、日弁連特設サイトの中の「秘密保全法制とは?」
   http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/about.html

  「秘密保全法制の問題点!」
   http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/problem.html

に事前に目を通されると、よりよく理解していただけると思います。
日時 2012年8月2日(木)18時~20時30分(開場17時30分)
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」AB(千代田区霞が関1-1-3
参加費無料/事前申込不要
内容 
○主催者挨拶 山岸憲司日本弁護士連合会会長(7分~)
○基調報告 清水 勉弁護士(秘密保全法制対策本部事務局長)(11分~)
  ※ 日本弁護士連合会サイトの中の秘密保全法制反対のための特設コーナーは
   こちらです。→http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret.html
    この中には、清水弁護士が紹介していたQ&Aやチラシも掲載されています。
     Q&A 
      http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/himitsu_hozen_qa.pdf
     チラシ
      http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/himitsuhozen_flyer.pdf

○国会議員挨拶
   辻恵(民主党)衆議院議員(20分~)
   塩川鉄也(日本共産党)衆議院議員)(25分~)
   柳田和己(民主党)衆議院議員(57分~)
○福島現地からの報告
   福島県浪江町副町長・渡邉文星さん(34分~)
   同町災害対策課職員・松本秀幸さん(52分~)
○原子力事業の実態報告
   藤原節男さん(元・原子力安全基盤機構職員)(1時間04分~)
   ※ 藤原さんの内部告発によって書かれた週刊現代2011年6月18日号(6月
    6日発売)の記事
      http://www.nexturayasu.jp/press/infdata/21.pdf
昨年の8月、岩上安身さんによる藤原さんに対する長時間インタビューが行われています。
     ① http://www.ustream.tv/recorded/16676853 (19分02秒)
     ② http://www.ustream.tv/recorded/16677210 (3時間00分13秒)
     ③ http://www.ustream.tv/recorded/16679287 (13分38秒)
※ 対談開始は②の1時間07分~で、それまでは藤原氏によるレクチャーです。
○パネルディスカッション(1時間21分~)
  パネラー
   木野龍逸さん(フリージャーナリスト)(1時間25分~)
   木村英昭さん(朝日新聞記者)(1時間36分~)
   光前幸一さん(弁護士)(1時間46分~)
  コーディネーター
   藤原真由美弁護士
   海渡雄一弁護士(ディスカッションのコーディネートは海渡弁護士で1時間54分~)
主催 日本弁護士連合会
共催 東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会
 
 以上が8月2日に開かれたシンポジウムの内容ですが、最後に、今年の5月25日に開かれた日本弁護士連合会総会における「 秘密保全法制に反対する決議」をご紹介します。
  http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/assembly_resolution/year/2012/2012_2.html
 
 本来、マスメディアが、自らを「権力の代弁者」ではなく、「国民の知る権利に奉仕する機関」であると自己規定するのであれば、もっと危機感をもって追及してしかるべき問題なのですが、どうもそうはなっていないように思います。

 日弁連としても、少しでも世論を喚起すべく、秘密保全法制が出来上がってしまえば原発事故報道などまともに出来なくなるという切り口から、このシンポを企画したものと思います。

 なお、漏れ聞くところによると、和歌山弁護士会においても、憲法委員会が所管して「秘密保全法制を考えるシンポジウム」が企画されているとのことですから、内容が固まり次第、本メルマガでもご紹介したいと思います。
 
 --- -------------------------
☆Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

☆「子どもたちの未来と被ばくを考える会」<非公式ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/mainichisundayman

------------------

*今日の「最低気温27℃→最高気温33℃」 

☆今朝の定例の散歩(7:00~8:30)は、2人(公、嘉)で行った。
(画像はhttp://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/  でご覧下さい。)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中