納得できない和歌山市議会での全会派一致したガレキ受け入れ決議。

 47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
美浜原発1号、後継困難に 関電、地質調査の継続断念 
   http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032201001851.html
☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

☆[You Tube]
2011年の日本の地震 分布図 Japan earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)
  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eKp5cA2sM28

☆YesNo-Voice がれき処理に地方自治体は積極的に参加すべきだ。
http://www.jimin.jp/voice/yn_voice/index.html
⇒ NOをクリックしましょう!<m(- _ -)m>

 

☆Nuclear F.C : 原発のウソ
 
3/23 電気代値上げ断れる 東電社長が謝罪
    http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6022533.html

☆ブログ「フランスねこのNews Watching」

日本近海の放射能汚染、続く(地図&動画)/ASR(3月18日)自然環境調査の専門家集団、ASRは3月18日、福島原発事故から1年が経った今月時点での
   http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/asr318-7b1c.html

☆ブログ「武田邦彦 (中部大学) 」

「本音と建て前」のない人たち・・・科学的事実と空気的事実
     http://takedanet.com/2012/03/post_872b.html
⇒ 正に、中世のヨ-ロッパでの”魔女狩り”的社会風潮を意図的に演出している野田政 権下の実相を”空気的事実”と称している。”魔女狩り”的社会風潮は、”原子力村の 住人”が利己的に演出している。IT社会の下では、マスコミでの言動が、すべて記録 ・保存されている。無責任な言動の自己責任が厳しく問い質される時期が、ヒタヒタと 近づいていることを”原子力村の住人”は知っているのだろうか。

☆田中龍作ジャ-ナル

【大飯原発再稼働】 原子力安全委員会、わずか5分で「一次評価は妥当」
     http://tanakaryusaku.jp/2012/03/0003933
☆「メルマガ金原」No.881  (一部省略)

3/22和歌山市議会「瓦れきの受け入れに関する決議」採択

 3月14日以降、連日お伝えしてきた和歌山市議会の「瓦れき受け入れに関する決議」が、本日の市議会2月定例会の最終日、本会議に上程され、全会一致で採択されました。

 私自身は、都合で本会議を傍聴することはできなかったのですが、傍聴された「あまぐりさん」の旦那さんから電話で決議採択の模様を教えていただきました。

 この種の決議は大体そうですが、上程される段階では既に各会派の間で根回しが出来
ており、議長の「ご異議ありませんか?ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決されました」という進行であっという間に成立するのが普通であり、今日の「瓦れき決議」もそのとおりであったようです。

 昨年の和歌山県議会6月定例会で、3つの小会派が提案した「原発・エネルギー政策
の抜本的見直しを求める意見書(案)」が、大会派の反対により「否決」されたなどということは、例外中の例外なのです。
  http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/200100/www/html/giketu/wagi17-007.html

 とりあえず、本日の和歌山市議会の「決議」を読んでみましょう。
 市議会のホームページにはまだ掲載されていませんでしたので、入手した「決議(案)」
を書き写しました。文章的に首をかしげる(校正したくなってくる)箇所があるかもしれませんが、私の転記ミスではりません(多分)。
(引用開始)
和歌山市議会 2012年3月22日(2月定例会)発議第2号
東日本大震災に伴い発生した瓦れきの受け入れに関する決議
 平成23年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0を記録する大地震が東北
地方太平洋沖で発生し、それに伴う巨大津波の発生が、福島第一原子力発電所へ
の壊滅的な損害初め東日本の沿岸地域を中心として甚大な被害をもたらし、現在に
至ってもなお被災地の住民が耐乏生活を余儀なくされている。
 このような悲惨な事態を打開するため、我が国各地の方々はもとより世界各国から救
援の手が差し伸べられ、被災地の復旧と復興に向けて取り組んでいる。
 本市でも、消防職員による救助は言うに及ばず、飲料水の供給、医療関係、行政
関係職員の派遣や救援物資、義援金の提供、あるいは被災者の受け入れなど、さま
ざまな方面から復興支援に取り組んできた。
 しかしながら、被災地の復旧、復興への大きな障害となっているのが、この大震災に
伴い発生した膨大な瓦れきの処理が進まないことである。
 政府は、福島県を除く瓦れきの処理について、全国の自治体に対して協力を呼び
かけているが、受け入れの進んでいないことが実情である。
 このまま全国の自治体の協力がなければ、この先長年にわたり瓦れきがそのまま放
置されることになりかねず、被災地の方々の苦悩を思えば、また被災地の一日も早い
復興を願う私たちの思いをかんがみれば、今こそ我が国国民の協力をもって瓦れきの
処理に当たるべきである。
 関西広域連合の声明では、和歌山県は大阪府とともに岩手県への支援が求めら
れているところであり、環境省の調整により両県での協定を結ぶことで、本市は岩手
県の瓦れきを受け入れ、処理することとなる。
 よって本市議会は、本市に対し、科学的な知見により放射能の影響を検証し、放
射線量の測定等十分な体制を整えるとともに、現在、本市が処理している通常の廃
棄物と判断されるものについては受け入れるよう決議する。
(引用終わり)
 
 とりあえず、読むのは最後の節だけで十分です。
 ここで思い起こすのは3月12日の北九州市議会の決議です(これも全会一致です)。
 北九州市議会ではこのような表現になっていました。
  http://www.city.kitakyushu.lg.jp/sigikai/g0300005.html

「よって、本市議会は、本市に対し、科学的な知見により放射能の影響を検証し、放
射線量の測定等十分な体制を整えることを条件に、通常の廃棄物相当と判断される
ものについて受入れを表明することを要請する。」
 
 こういう文章に「盗用」という概念は適用されないと思いますが(弁護士会の決議や声
明でも、よく他会や日弁連のものを「参考」にします)、それにしてもよく似ていますね。
 もっとも、北九州市議会にはなかった「本市が処理している」を付加した点が苦労の存
したところかもしれません。採択が避けられない以上、少しでもましな「決議」にしようと努
力された議員の苦労を多としない訳ではないのですが、それにしてもなあ・・・。
 なにしろ、3月6日環境省の朝日新聞掲載「政府広報」や、細野豪志環境大臣によ
る「広域処理受け入れ要請キャンペーン」を見せつけられて、なお素直に政府の言うとお
りにしようとはとても思えないのだから仕方がありません。
 本会議終了後、有志により今後の運動の進め方について話し合いが行われましたの
で、具体的に案内すべき内容が固まりましたら、またメルマガでお知らせしますが、今のと
ころ、3月31日(土)の午後、和歌山市内に集まって協議する方向で調整されています
ので、趣旨に賛同して一緒に活動しようと考えてくださる方は、今から日程を確保してい
ただけると幸いです。
 
 明日の新聞各紙にも掲載されるでしょうが、今日の和歌山市議会の決議を伝えた地
元放送局のニュースをご紹介しておきます。
 
和歌山放送 2012年3月22日(木) 17:52
 http://www.wbs.co.jp/news.html?p=44314

(引用開始)
和歌山市議会、東日本大震災のがれき受け入れの決議案全会一致で可決
 和歌山市議会はきょう(22日)、東日本大震災で発生したがれきの受け入れを市
に求める決議案を全会一致で可決しました。決議案では、がれきの処理が進まない
ため、被災地の復旧、復興の大きな障害となっている。全国の自治体の協力がなけ
れば、長年にわたってがれきが放置されることになり、被災地の一日も早い復興のため
にもがれきの処理に当たるべきだとしています。きょうの全会一致の決議について 大
橋建一市長は、「現時点では、がれきの焼却灰の受け入れができる状態ではないが、
決議を真摯に受け止めて市民の安全安心を第一に考えて、今後受け入れが可能か
どうか検討したい」とのコメントを発表しました。和歌山市議会はきょうが最終日で、各
委員会での委員長報告がおこなわれたあと 来月1日に副市長に就任する国土交通
省の河瀬芳邦(かわせ・よしくに)氏の選任に同意し、全ての議案を可決して閉会しま
した。
(引用終わり)
 
テレビ和歌山 2012年3月22日 18:34
 http://www.tv-wakayama.co.jp/news_w/news.php

和歌山市議会震災がれき受入れ決議
 東日本大震災に伴って発生した瓦礫について、和歌山市議会は、今日、和歌山
市に対し、通常の廃棄物と判断されるものは受け入れるよう、全会一致で決議しまし
た。
 決議案は、今日最終日を迎えた2月定例和歌山市議会の本会議に、5つの会派
全ての幹事長名で提出されました。
 震災に伴う原発事故で放射性物質について危惧する市民や、反原発運動に取り
組む団体から瓦礫の受け入れに反対する陳情書がこれまでに24通、和田秀教議長
に提出され、今日も、傍聴席には、受け入れ反対の市民などおよそ50人が訪れまし
た。
 決議案は、東日本大震災で発生した膨大な瓦礫の処理が進まないことが被災地
の復旧復興の大きな障害となっていて、国民の協力で瓦礫の処理に当たるべきだとし
た上で、放射能の影響の検証や放射線量の測定など十分な体制を整えるとともに、
現在、市が処理している通常の廃棄物と判断されるものについて、受け入れるよう求
めていて、市議会はこの決議案を、全会一致で可決しました。
 また、電力需要の低迷で先送りされている西防波堤沖埋立地へのLNG火力発電
所建設計画について電力の安定供給のため、建設を促進するよう求める決議案を
賛成多数で可決しました。
 今日の本会議では、和歌山市が提案した1317億2396万円あまりの平成24年
度一般会計当初予算案など46議案を原案通り可決したほか、畠山貴晃副市長の
退任に伴い、新たに、国土交通省職員の河瀬芳邦氏を副市長に選任する人事案件
などに同意しました。
 市議会の瓦礫受け入れの決議を受け、大橋建一市長は「市が一般廃棄物を最終
処分している大阪湾広域臨海環境整備センター・フェニックスへの水面埋め立てについ
ては慎重な議論が必要で、現時点では、災害がれきの焼却灰の受入れができる状態
ではないが、市議会の決議を真摯に受け止め、県や関西広域連合の動向に注目しな
がら、最終処分場や放射能の基準などの諸問題が解決され次第、受入れが可能かど
うか検討したい」とコメントしました。
(引用終わり)
 
NHK和歌山放送局 2012年3月22日
 http://www.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2043750671.html

(引用開始)
”がれき受け入れ”決議案可決
 和歌山市議会は、東日本大震災の被災地で発生したがれきを、和歌山市として受
け入れるべきだとする決議案を、全会一致で可決しました。
 東日本大震災の被災地では、津波で多くの建物が倒壊し、地元の自治体だけでは
処理が間に合わないほどの大量のがれきが発生しています。
 しかし、東京電力福島第一原発の事故の影響で放射能に汚染された可能性のある
がれきの処理を引き受ける自治体がほとんどなく、震災から1年以上たった今もがれきの
処理が進んでおらず、復興の妨げとなっています。
 和歌山市も、これまで最終処分場が市内にないことなどを理由に、被災地のがれきの
処理を受け入れていません。
 和歌山市議会では、最終日の22日、放射能の影響を検証した上で、通常の廃棄
物と判断されるものについては、受け入れるべきだとする決議案を、全会派が共同で提
出し、全会一致で可決されました。これに対して、和歌山市の大橋建一市長は「現時
点では受け入れができる状態ではないが、決議を真摯に受け止めて検討していきたい」
とコメントしています。
(引用終わり)
 
 最後に、昨日(3月21日)行われた定例記者会見において、和歌山県の仁坂吉伸
知事が「焼却灰の行き先がない」として、政府から求められた「がれき処理」について消
極的なコメントをしたことが伝えられています。
  朝日 http://mytown.asahi.com/wakayama/news.php?k_id=31000001203220002
  毎日 http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20120322ddlk30040462000c.html
  読売 http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20120322ddlk30040462000c.html
  産経 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120322/wky12032202070003-n1.htm
  紀伊民報 http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=228562
 各紙によって微妙にニュアンスが異なりますので、和歌山県のホームページにアップされた映像(56分)をご自分で視聴してみてはいかがでしょうか。
  http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press_animation/press_animation_backN.html

 「和歌山県情報館」→「ようこそ知事室へ」→「知事記者会見(動画)」→「3月21日」
で Windows Media Player が立ち上がります。
 がれき問題についての質問と回答は、「28分ころ~」と「52分ころ~」にあります。

--- -------------------------
☆Blog eonet (the main blog)です。 
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Google Blog  にも、同じ内容で掲載しています
http://mainichisundayh.blogspot.com/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman

------------------

*今日の「最低気温8℃→最高気温19℃」 
☆今朝の定例の散歩(8:00~9:30)は、雨のため中止。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中