福島原発事故による放射能汚染。 70%以上が山林・農地の”除染”など不可能!住人をこれ以上被曝させな!

☆武田邦彦ブログ(中部大学)

「福島のものは移動してはいけないの?」読者からのご質問

http://takedanet.com/2011/09/post_7848.html



--------------------



☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆「メルマガ金原」No.580を転載。(一部省略)



----------------

⇒ 「メルマガ金原」の主宰者は、現役の弁護士さん。弁護士さんでないと、入手し難い情報を今回も提供されています。



⇒ 【判決が生かされていれば福島の事態は防げた?】 福島原発事故を防ぐための貴重な情報は、各界の専門家から警告発信されていた。



⇒ それらの情報を”無視!”してきた①前:自公民政権と現:民主党政権であり、②日本の独占企業体の電力会社10社であり、③正確な情報の評価・判断の能力が無かった裁判官達だ。



----------------

8/21井戸謙一弁護士講演会(in名古屋市)



「ふくしま集団疎開裁判」弁護団の一員であり、また、8月2日に仮処分が申し立てられた「若狭7原発運転差止裁判」の弁護団にも加わっておられる井戸謙一弁護士(滋賀弁護

士会所属/彦根市在住)は、今年の春に依願退官するまでは、長年裁判官をしておられ

た方で、金沢地裁の部総括判事(裁判長)として、2006年3月24日、北陸電力・志賀(し

か)原発2号機の運転差止を命じる画期的な判決をされた方であることは、このメルマガでもご紹介したことがありました。



 ※ 参考サイト 6月2日付・朝日新聞のインタビュー記事の引用

     http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/263.html



    金沢地裁判決を紹介した原子力資料情報室サイト

     http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=339



 その井戸弁護士が、去る8月21日、「原発震災」講演実行委員会の主催により、名古屋

市において開催された講演会の講師として招かれ、第1部で講演されるとともに、第2部では、名古屋弁護士会の川口創(かわぐちはじめ)弁護士(自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)が聞き手となり、対談形式で井戸弁護士の見解を引き出しています。



 この模様がUSTREAM中継の録画で視聴できます(画像はぼやけていますが音声はクリアです)。

  第1部 http://www.ustream.tv/recorded/16785268 (1時間38分21秒)

   ※ 講演自体は11分過ぎから始まります。 



  第2部 http://www.ustream.tv/recorded/16786849 (1時間06分01秒)

   ※ 対談は11分ころから始まります。



 川口弁護士といえば、画期的な名古屋高裁の自衛隊イラク派兵違憲判決についての

学習会講師として、2008年7月、和歌山市や龍神村(でしたよね)で講演していただいた方で、メルマガ読者の中にも、当時講演を聞かれた方もおられるでしょう。



 井戸弁護士が現在関与しておられる「ふくしま集団疎開裁判」についても、(8月21日時点でのですが)かなり詳しいお話をされています。





 なお、川口弁護士が所属する名古屋第一法律事務所のWEBサイトに、この講演会の

模様がレポートされていましたので、引用します。

  http://ameblo.jp/nagoya-daiichi/entry-11002129684.html



(引用開始)



川口創弁護士が原発差止判決の元裁判官井戸謙一さんと対談                                 (事務局 安田和仁)



 8月21日、名古屋市女性会館で元金沢地裁の裁判官井戸謙一さんを招いて講演会

が開かれ、川口創弁護士(イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)が井戸さんと対談しま

した。



【運転中の原発に初めて「待った」をかけた画期的判決】



 井戸謙一さんは、石川県能登半島で運転中の志賀原発の運転差止めを求める訴訟

に裁判長として関わり、2006年3月に同原発の運転差し止めを命じる画期的な判決を

言い渡した裁判官です。井戸さんは今春裁判官を退官され、現在は「ふくしま集団疎開

訴訟」や8月2日に仮処分が申立てられた「若狭7原発運転差止訴訟」の弁護団として

活躍されており、福島の原発事故以降メディアからも注目を集めている方です。



 これまで全国各地で数多くの原発訴訟が提起されてきましたが、住民側勝訴の判決が

出されたのは、もんじゅの設置許可無効確認訴訟と井戸さんが担当された志賀原発運転

差止め訴訟の2例のみで、志賀原発の判決は初めて運転中の原発差止を認めるという画

期的なものでした。



【判決が生かされていれば福島の事態は防げた?】



 判決文では、志賀原発近くの活断層が耐震設計の想定を超える地震を引き起こす危

険性があること、地震や津波により非常用電源の喪失や炉心溶融の危険があり、多重防

護が機能しない可能性があることが指摘されており、福島で実際に起こった重大な事故を

予見していたともいえる内容でした。この判決を国や電力会社が真摯に受け止め、対策を

とっていれば福島の事故も防げた可能性があったといえます。しかし、その後、北陸電力が控訴したため、名古屋高裁や最高裁では「国の耐震指針に適合しており問題はない」と

して住民側の逆転敗訴となり、判決が確定するには至りませんでした。



 井戸さんは講演の中で、これまでの原発訴訟では「国の設置基準や安全指針に適合し

ているか否か」に争点が置かれ、基準に適合していることさえ立証されれば「危険性はない」として住民側の訴えが退けられてきた。判決が社会に及ぼす影響や裁判官としての人生を考えると判例に従って判断する方が楽だったが、審理を通じて国の安全基準自体の想定が甘く、想定を超える地震が起こる危険性が具体的に明らかになった以上、「裁判官の職責として虚心坦懐に事実に向き合って判断するしかないと考えた」と判決に至る心境を淡々と述べられていました。



【福島の悲劇を繰り返さないために「若狭湾原発7差し止め訴訟」を提起】



 講演会の第2部では、川口弁護士が参加者を代表して井戸さんに質問する形で対談

が行われました。福島の事故が今後の司法判断に与える影響について聞かれた井戸さん

は、「深刻な事故が実際に起きてしまったことで国の安全指針の甘さが露呈した。この事実は重く無視することはできない」とおっしゃっていました。そして、近く本訴提起が予定されている「若狭7原発差し止め訴訟」に話が及び、「若狭湾の原発で重大な事故が起きれば、琵琶湖全体が汚染され、健康被害は福島と比較にならないほど甚大」とした上で、「事故が起きれば名古屋にも被害が及ぶのは必至なので是非多くの方に原告団に加わって欲しい」と訴えられました。



【司法は市民を守る最後の砦、裁判官は勇気をもって判断を】



 「司法の役割として求められるものは」との質問に対して、福島の現実を見れば「利権が絡み政府が国民を守らないことは明らか」としたうえで、「裁判官は元来利権とは無関係なので、自らの判断で国民を守ることができる」、司法の官僚統制についても「ヒラメと呼ばれる裁判官がいるのも事実だが、私自身は担当事件の処理について妨害や圧力的な動きを感じたことはない。裁判官は勇気を持って本来の役割を果たして欲しい」と述べられ、政治の誤りや無策を正す最後の砦として今こそ司法の役割が発揮されるべきとの熱いメッセージが伝わってきました。



【市民が学び行動することが何より大切】



 最後に「参加者にメッセージを」と求められ、井戸さんは、「市民が知識を蓄え、賢くなり世論を形成していくことが、裁判官にとってよい判決を出しやすい状況につながる」とおっしゃいました。原発や放射能などの問題は専門的で一般市民にとって難しい問題ですが、「専門家」と称する人々の中に世論を誤った方向に導こうとする動きが目立つこの頃、一人一人の市民が自らがこの様な講演会や集会に足を運び学び行動していくことこそ、現在の危機的状況に立ち向かい、次の世代に安心して暮らせる社会を残していくための原動力になると痛感した次第です。



(引用終わり)



----------------------



☆小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/09/27/tanemaki-sep26/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed



------------------

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/


☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/


☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman



------------------

*今日の「最低気温18℃→最高気温27℃」



☆今朝は、7:00~8:30、6人(一:道、喬:照、公、嘉)で、定番コ-スの散歩に行った。






スライドショーには JavaScript が必要です。


広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中