危険な現原発利用なら「安全性を世界最高水準に」は絶対出来ない。国連で嘘演説の総理

 この”原発の安全性を世界最高水準に高める”は全くペテンの言葉。原発すでに建設済み。仏安全度の高い原発最近開発するも費用ペイしない。世界最高水準にするとは現存の原発破棄し、新規を建造して初めて使える言葉。危険な現原発利用なら「安全性を世界最高水準に」は絶対出来ない。国連で嘘演説の総理御免だ。(孫崎享氏のtwitter)



--------------------

☆<野田首相>「原発輸出は継続」 国連原子力安全会合で演説

 (毎日新聞 9月22日(木)22時18分配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000135-mai-pol





☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆中村隆市 ブログ「風の便り」



ブログTOP2011/09/23ニューヨークで、福島県の農家の女性が原発廃止訴え

  http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-6795



--------------------



☆ h_koide_bot 小出裕章非公式まとめ更新情報



#Japan 9月20日 これから問題なのは落っこちてしまった炉心がどこにあるのか 小出裕章(報ステ)

  http://bit.ly/oVshFL  #genpatsu #fukushima



--------------------



☆「メルマガ金原」No.570を転載。(一部省略)



9/22野田佳彦首相の国連での演説「原子力発電の安全性を世界最高水準に高めます」



 9月22日(木)午前(現地時間)、ニューヨークの国連本部において開催された「原子力安全及び核セキュリティに関する国連ハイレベル会合」において、野田佳彦首相が行った演説については、当初、様々な報道がなされましたが、とにかく原典にあたってみなければ話にならないので(マスコミ報道を鵜呑みにする愚は避けねばなりません)、外務省WEBサイトを調べてみたところ、スピーチ全文が掲載されていました。

  http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20110923_101225.html



 ニュースで断片的に報じられた演説を聞いたところでは、単純な読み間違い(「深淵な問い」→「深淵の問い」)はあるにせよ、大体このとおり読んだようです。

 ニュース映像をいくつかご紹介します。



  http://www.youtube.com/watch?v=wxlWeM84KKs



  http://www.youtube.com/watch?v=-Cp_ZKdnJOk



 野田首相のスピーチ全文を引用しておきます。



(引用開始)



事務総長、議長、ご列席の皆様、



1.東京電力福島第一原発の事故は、人類が原子力にどのように関わっていくべきかという深淵な問いを我々に改めて投げかけています。各国代表の参集する国連総会の機会に、この会議の開催を主導された事務総長の慧眼に敬意を表します。



2.巨大地震と津波に被災した日本国民は、世界中から心温まる励ましと支援を頂きました。全国民を代表して、改めて深い感謝の意を申し述べます。



3.科学技術は人類の進歩を助け、世界の隅々に繁栄をもたらしてきました。我が国は、最先端の科学技術を用い、1957年に原子力の平和利用に一歩踏み出して以来、半世紀以上にわたって、懸命にその安全な活用の方途を研究・応用し、原子力産業を育成・発展させてきました。それだけに、今回の事故は、日本国民に深い衝撃を与えました。



4.事故発生から半年間あまり、我が国は、事故の早期収束のため、国家の総力を挙げて取り組んできました。私は、その対応の総責任者として、今月の総理就任直後に、東京電力福島第一原発の敷地内で、原子炉建屋を間近に視察しました。この事実が、事故収束に向けた取組の着実な進展を物語っています。



5.関係者のひたむきな努力によって、事故は着実に収束に向かっています。事故当初に比べれば、放射性物質の放出量は、最新の推計で、400万分の1に抑えられています。原子炉の冷温停止状態についても、予定を早めて年内を目途に達成すべく全力を挙げています。事態の改善は、被曝と熱中症の危険にさらされながら、黙々と作業を続ける、2000人を超える作業員の献身的な取組に支えられています。そのことを決して忘れることはできません。



6.高さ15メートルに達した巨大津波の想像を絶する破壊力は、今も現場に痕跡を残しています。少なくとも、津波への備えに過信があったことは疑いがありません。非常用の電源やポンプが、津波で水没するような場所に設置されるべきでなかったことは明らかです。実際に炉心損傷に至る過酷事故を想定した準備も不十分であり、ベントの作業に手間取り、貴重な時間を失いました。本格的な事故原因の究明は今後も続きますが、既に判明している「過ち」とそこから導かれる「教訓」があります。何よりも急がれるのは、それらに基づき、内外で原発安全性の総点検を進めることです。



7.日本は、この事故の全てを迅速かつ正確に国際社会に開示します。既に二度にわたり、事故経過報告書をIAEAに提示しました。従来の行政から独立した事故調査・検証委員会が、中立・客観の立場から包括的に事故を検証中であり、来年には最終報告を示します。同じく来年には、IAEAと共催の国際会議を我が国で開催し、総点検の結果や原子力の安全利用への取組の方向性を国際社会と共有します。



8.日本は、事故の教訓を世界に発信します。既に国際社会に対し、各国の規制機関同士の連携、事故時の国際支援体制の強化、IAEA安全基準の再検討などを提案してきています。国際社会がこれに応え、G8首脳はドーヴィルで、更に多くの諸国はパリで、原子力の安全性を世界最高水準に高める決意を表明し、本日、IAEA総会において、原子力安全の行動計画が確定したことは、実に喜ばしいことです。



9.日本は、原子力発電の安全性を世界最高水準に高めます。既に講じた緊急的な措置に加えて、「規制と利用」を切り離すべく、原子力安全・保安院を経済産業省から分離して、来年4月を目途に「原子力安全庁」を創設し、規制の一元化と安全文化の徹底を図ります。さらに、原子力安全規制自体についても、根本的に強化します。



10.日本は、原子力利用を模索する国々の関心に応えます。数年来、エネルギー安全保障や地球温暖化防止のため、新興諸国を始め、世界の多くの国々が原子力の利用を真剣に模索し、我が国は原子力安全の向上を含めた支援をしてきました。今後とも、これらの国々の我が国の取組への高い関心に、しっかりと応えていきます。



11.日本は、再生可能エネルギーの開発・利用の拡大も主導します。官民が持つ先端技術を結集し、再生可能エネルギーの開発・利用を拡大する努力を倍加します。我が国の中長期的なエネルギー構成のあり方についても、来年の夏を目途に具体的な戦略と計画を示します。



12.日本は、核セキュリティ確保にも積極的に参画します。原子力施設などへのテロ攻撃への対処、各国関連当局間の情報交換なども重要な課題です。来年の核セキュリティ・サミットに参加し、国際社会の共同作業に積極的に参画するとともに、我が国として、核物質や原子力施設に対する防護の取組を強化します。



13.エネルギーは、経済の「血液」であり、日常生活の基盤です。広くは、人類の平和と繁栄を左右します。我々の世代だけでなく、子々孫々の幸福の礎石です。次なる行動について長く迷い続ける余裕はありません。科学技術を最大限に動員し、合理性に立脚し、そして、早急に次なる行動を定めなければなりません。



14.私は、確信いたします。人類が、その英知によって、今般の事故の突きつけた挑戦を必ずや克服することを。福島が、「人々の強い意思と勇気によって、人類の未来を切り拓いた場所」として思い起こされる日が訪れることを。そして、本日の会議が、原子力安全を最高水準に高めるため、我々が共に次なる行動をとる一里塚となることを。日本は、今回の事故の当事国として、全力でその責務を担い、行動することをお誓いして、私の挨拶といたします。ご清聴ありがとうございました。



(引用終わり)



 野田首相が「原発輸出の意欲を示した」と報じられたのは10項のことですね。確かに、はっきりと「原発輸出」とは言っていませんが、実質的には言ったも同然でしょう。



 それと、9項の「日本は、原子力発電の安全性を世界最高水準に高めます」! これについては、孫崎享(まごさきうける)氏のtwitterによる簡潔な批判を読むだけで十分でしょう。

  http://chikyuza.net/n/archives/14400



(引用開始)



国連で嘘演説・脱原発:野田首相にかすかな期待を寄せたが駄目だ。22日読売「首相、国連会合で”脱原発依存”に言及せず」「”脱原発依存”に言及せず、所信表明演説で述べた”原発への依存度を可能な限り引き下げる”という表現も使わなかった」「”原発の安全性を世界最高水準に高める”」。この”原発の安全性を世界最高水準に高める”は全くペテンの言葉。原発すでに建設済み。仏安全度の高い原発最近開発するも費用ペイしない。世界最高水準にするとは現存の原発破棄し、新規を建造して初めて使える言葉。危険な現原発利用なら「安全性を世界最高水準に」は絶対出来ない。国連で嘘演説の総理御免だ。(09月22日 posted at 23:15:16)



(引用終わり)



 とにかく、心を打つところが一つもないスピーチで、引用するのも「嫌々ながら」でした。多分、官僚の起案でしょうが、もしも少しでも野田首相が自分で考えた部分があったのだとしても、彼に、無能な官僚以上の資質があることを伺わせる部分など皆無であると言わざるを得ません。



 私たちは、いやでも9月19日の武藤類子さんのスピーチと比べてしまうのですが、その武藤さんのスピーチの中に、「政府交渉、疎開裁判、避難、雇用、除染、測定、原発、放射能についての学び、そして、どこにでも出かけ、福島を語ります。今日は遠くニューヨークでスピーチをしている仲間もいます。思いつく限りのあらゆることに取り組んでいます」とあったのをご記憶でしょうか?その「ニューヨークでスピーチをしている仲間」が佐藤幸子さんで、その活動の模様を伝えたニュースを編集した画像がYou Tube にアップされていました。

  http://www.youtube.com/watch?v=wdHuSWwnQag



------------------

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/


☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/


☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman



------------------

*今日の「最低気温17℃→最高気温24℃」



☆今朝は、7:00~8:30、6人(一、公、喬:照、禎、嘉)で、定番コ-スの散歩に行った。今朝は、朝方は寒い感じで、とても涼しかった。











*家庭菜園 ニンニク苗床から、ニンニク畝に移植。







*本日の収穫 秋ナス30個。


スライドショーには JavaScript が必要です。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中