本日、再生可能エネルギー法案が衆議院可決・通過。新基軸で産業が活性化するか、否か、は新政権次第!



☆ iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP

本日、再生可能エネルギー法案が衆議院可決・通過。今夜のTV朝日報道ステーションで飯田のコメント映像が流れます



☆iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP ikeda_kayokoがリツイート

太陽光や風力を最大限伸ばし新産業に(日経社説8/22)前向きにいいことを言ってる http://t.co/1XeQAnm (8月22日)



-------------------------

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/


☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/


☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman



------------------



*今日の「最低気温24℃→最高気温31℃」



☆今朝は、都合により、定番の散歩は中止。



☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆「メルマガ金原」No.514を転載。(一部省略)



8/16石破茂自民党政調会長の「原発=核抑止力」論



 既に1週間近くも経ってしまい、やや「遅ればせながら」の話題ではあるのですが、いやしくも野党第一党の政策責任者のこのような発言が、大した物議を醸すこともなくやり過ごされようとしているのは、いくら何でもあんまりだと思いますので、ご紹介することとします。



 8月16日(火)の「報道ステーション」(テレビ朝日)で放映された石破茂氏(自民党政調会長)のインタビューをご覧ください。

  http://www.youtube.com/watch?v=IPN_EBkg0e4



  http://www.woopie.jp/video/watch/61fbd38a233834c0



 いくつかのサイトに文字書き起こしが掲載されていますが、一つだけご紹介しておきましょう。

  http://nikonikositaine.blog49.fc2.com/blog-entry-1903.html



(引用開始)

自民党 石破茂 政調会長(54)



「…安全神話みたいなものを…政治的には作り出さざるを得ない状況だったのではないですかね。政治は結果責任ですから、責任は自民党が相当程度負わねばならないわけです。きちんと検証することなく、電力会社、経産省、そういうことを、あえて言えば鵜呑みにしてきた責任は免れないことだと思います」



―原子力政策を推進してきた自民党。今回の事故について石破氏は自民党にも責任は

あると言う。その上で、やはり原発は必要だと言う。



「原発のウェートを減らしていきながら、再生可能エネルギーのウェートを高めていくという方向性に異存はありません。ですけども、原発をなくすべきということを目標とするやり方には賛成してはおりません。原子力発電というのがそもそも、原子力潜水艦から始まったものですのでね。日本以外のすべての国は、原子力政策というのは核政策とセットなわけですね。ですけども、日本は核を持つべきだと私は思っておりません。しかし同時に、日本は(核を)作ろうと思えばいつでも作れる。1年以内に作れると。それはひとつの抑止力ではあるのでしょう。それを本当に放棄していいですかということは、それこそもっと突き詰めた議論が必要だと思うし、私は放棄すべきだとは思わない。なぜならば、日本の周りはロシアであり、中国であり、北朝鮮であり、そしてアメリカ合衆国であり、同盟国でるか否かを捨象して言えば、核保有国が日本の周りを取り囲んでおり、そして弾道ミサイルの技術をすべての国が持っていることは決して忘れるべきではありません」



―3.11の前後で何か変わりましたか?



「原発に限らず、この世の中に絶対というものはあり得ないことを、よくみんな認識したんだと思います。日本って絶対神話というのが流行りますよね。戦艦大和は絶対沈まないだとか、日本は神の国なので絶対負けないとかね。だけど、突き詰めた議論なしに絶対神話を作る日本の悪癖、あるいは、議論を突き詰めずに、仕方がないじゃないかとか、やむを得ないじゃないかとか、そういう物事の決め方。それは決して、いい結果をもたらすことはありませんよね。日本人はもっと突き詰めてモノを考えるべきだし、そうでなければ、結果は決して幸せにならないということだと思います」

(引用終わり)



 日本が国策として原子力発電を推進してきた裏には、「いつでも核武装できるように」という政治的思惑があったからではないかということは、かねて多くの人が指摘していたところですが、2年前まで半世紀以上にわたって事実上政権を独占し、原子力政策を推し進めてきた自民党の政調会長の口から、あからさまにこのような発言がなされる時が来ようとは思いませんでした。



 いかに自民党が今は「野党」であるとはいえ、ネットの世界での批判はあるにせよ、この石破発言が世間で「問題化」する気配すらないのは実に不気味です。「九電やらせメール事件」どころではない大問題だと思うのですが。



 少なくとも、自民党の政策責任者が、核抑止力を維持するために原発の全廃に反対す

ると明言したことを、1人でも多くの国民が知り、かつ記憶すべきでしょう。



(付記)

 私には「軍事」を論じる素養などありませんが、それにしても、いくら膨大なプルトニウムをため込んだところで(既に十分以上にありますが)、それが「核抑止力」になるなどというのは「子供だまし」としか思えません。第一、「1年以内」に核兵器を開発しようとしている間に、まずは「同盟軍(アメリカ軍)」が日本をもう一度「占領」するでしょう。





---------------------------------



☆ブログ「黒猫の戯言」  (震災,放射線関係の資料をまとめています)

   http://tomynyo.tumblr.com/
より、(日本政府は、《ICRP方式》を採用。)



  1mSv/年は、何Bq/年か? ECRRとICRPの評価の違い 

http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_lomio9NY0D1qfc8ybo1_r1_1280.jpg?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1313148670&Signature=rKONS%2FGb94Zn3JfQh2NMTilYMJI%3D


《ECRR方式》 《ICRP方式》

1mSv/年→7700Bq/年 1mSv/年→104270Bq/年

↓ <1年間の内部被曝を1mSv/年にするには> ↓

1日約21Bq/kg 1日約286Bq/kg



☆104270÷7700=約13.5  *ICRP方式は、約13.5も緩く設定。






広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中