山下俊一(長崎大医学部)の「100mSv/年は安全・安心」が、根底から覆り、傷害罪の成立が近づく!



☆原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ (読売新聞 8月21日(日)3時1分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000928-yom-pol



 国民・福島県民を愚民視した菅政権。チェルノブイリ事故の経過から、「原発周辺、  長期間住めない」ことは、ネット界では3月中旬時点において明確に報じられている。100億円以上の血税を投入して運営しているSPEEDI(*)の予測結果を故意に公表しなかった関係者を傷害・殺人の容疑で告訴されるべきだ。

(*) http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/index0301.html



☆<福島第1原発>周辺の自治体被ばく管理不備…国機関と格差

  (毎日新聞 8月20日(土)21時22分) 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000078-mai-soci



 周辺自治体の情報収集能力の格差が、自治体職員の高濃度被曝の原因になっている。

各自治体の住民から、多数の「問い合わせ」があった時点で、真剣に情報収集をし、適切な対応をしたならば、住民も職員も被曝線量を減量できた。



 周辺自治体の市町村長・議員・行政職員は、住民の安全が守れなかったことを、先ず率直に詫びるべきだ。政府・マスコミの情報が”真実を伝えない(情報隠蔽)”であ ることを見抜かなければならなかったのだ。一部の先進的な住民は、既に自己防衛して、3月の早い時点で”避難”している。



 住民に高濃度被曝をさせた菅政権・福島県知事・同市町村長及びその行政関係者の責  任は、何よりも重い! だが、そのことの自覚すらできていない関係者が多いのでは  なかろうか? また、高濃度被曝をさせられた住民も、関係者の”不作行為”を追求すべきだ。 ”我慢強い・死亡強い”は、美徳でもなく、子・孫に対する背任行為でもある。



--------------------------



☆ <警戒区域>年積算最高508ミリシーベルト…文科省推計(再掲)

    (毎日新聞 8月20日(土)0時17分配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000002-mai-soci



-------------------------

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/


☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/


☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman



------------------



*今日の「最低気温24℃→最高気温27℃」



☆今朝は、小雨のために、定番の散歩は中止。



☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆「メルマガ金原」No.510を転載。(一部省略)



放送予告!8/28NHK・ETV特集



『続々報・ネットワークで作る放射能汚染マップ 人体汚染を食い止めろ!』



 木村真三さん、岡野眞治さんらの献身的な放射能測定の活動を追ったNHK教育TVのドキュメンタリー番組(ETV特集)



『ネットワークで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~』(5月15日)

    http://vimeo.com/24184476



『続報 放射能汚染地図』(6月5日)

    http://vimeo.com/24752588



が話題を呼びましたが、シリーズ第3弾が、来る8月28日(日)に放映されます。

 以下に番組案内を引用してお知らせします。

   http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0828.html





(引用開始)

NHK 教育TV(Eテレ)

2011年8月28日(日)午後10時00分~午後11時30分

『続々報・ネットワークで作る放射能汚染マップ 人体汚染を食い止めろ!』



 事故直後から現地に入り、独自調査によって福島第1原発事故の放射能汚染の実態を

解明した「ETV特集 ネットワークで作る放射能汚染マップ」(5月15日放送)。元放射線医学総合研究所の木村真三さんと、元理化学研究所の岡野眞治さんは、その後も汚染マップ作りを続けている。今最も力を入れているのが避難区域に指定されていない地域での詳細なマップ作り。土地の汚染から人体そのものへの汚染について調査を深めている。



 福島第1原発から33~70キロメートルの範囲にある二本松市では、毎時1マイクロシーベルトを超える放射線量が広い範囲で計測されている。市が独自に500メートルのメッシュを区切って市の全域で調査を行ったところ、一部の地域で毎時2~3マイクロシーベルトを記録するいわゆる“ホットスポット”が見つかった。そこでは子供から大人まで大勢の人々が毎日放射線を浴びながら暮らしている。木村さんは最も高い線量を記録した家の庭の土壌を採取し長崎大学の高辻俊宏准教授に分析を依頼、そこに住む家族全員の個人被ばく線量も調べた。内部被ばくに関しては、岡野眞治さんが開発した簡易型のホールボディカウンターを二本松市に持ち込み、体内の放射線スペクトルを測定。結果はすべて家族に伝えられ、どう対処すればいいのか話し合いが行われた。家族には生まれたばかりの赤ちゃんがいた。彼らはどういう決断をするのか。



 一方、それより数倍も高い放射線にさらされ続けた飯舘村の人たちは、自分の子どもや孫のこれまでの被ばく量を早急に調査し記録に残して欲しいと訴えてきた。どれだけ被ばくしたのかを知らなければ、将来健康被害がでないよう備えることすらできないからだ。子どもたちの体からは半減期の短いヨウ素131はすでに検出されなくなっている。しかし今回木村さんと岡野さんは、事故後に測定した飯舘村近辺のスペクトルデータや土壌の分析結果からヨウ素とセシウムの比率を導き出し飯舘村の子どもたちのホールボディカウンター検査の結果と照らし合わせることでヨウ素被ばくの量を推定できるかもしれないと新たな解析を始めた。



 番組は、広域のマップ作りからより詳細な家の内部にまで及ぶミクロなマップ作りへ、そしてホールボディカウンターによる内部被ばくの測定へとすすむ木村さんと岡野さんの独自な調査活動を追いながら、一人一人の健康被害を最小限に抑えるために何が必要かを考える。



出演:木村真三(獨協医科大学准教授)、岡野眞治(元理化学研究所)

キャスター:柳澤 秀夫解説委員

(引用終わり)



 なお、上記サイトには、番組内で使用された実際の「放射能汚染地図」(3枚)が掲載されていますので、ご紹介します。

  福島県 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/mapbox/fukusimaken.html

 

  福島市 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/mapbox/fukusimasi.html



  いわき市 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/mapbox/iwaki.html



------------------------------------



☆8/19 CNIC Ust  井野博満先生 原発の寿命と照射脆化について

CNIC_JAPAN  

  http://www.ustream.tv/recorded/16747599 (約1時間50分)



 玄海原発1号炉、「脆性温度98℃」の異常値を無視!して、海江田産業省は、佐賀 県知事・玄海町長に「国が安全性を保障する!」から、再開運転を迫った。



 海江田は、独自に考える能力がなく、九電や産業省官僚の”操り人形”でしかない人 物であることが公開された。この様な政治家はを決して許してはならない! 原子炉に 関しては菅直人の方が、まともな感覚・判断力を持っている。



---------------------------------



☆ブログ「黒猫の戯言」  (震災,放射線関係の資料をまとめています)

   http://tomynyo.tumblr.com/
より、(日本政府は、《ICRP方式》を採用。)



  1mSv/年は、何Bq/年か? ECRRとICRPの評価の違い 

http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_lomio9NY0D1qfc8ybo1_r1_1280.jpg?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1313148670&Signature=rKONS%2FGb94Zn3JfQh2NMTilYMJI%3D


《ECRR方式》 《ICRP方式》

1mSv/年→7700Bq/年 1mSv/年→104270Bq/年

↓ <1年間の内部被曝を1mSv/年にするには> ↓

1日約21Bq/kg 1日約286Bq/kg



☆104270÷7700=約13.5  *ICRP方式は、約13.5も緩く設定。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中