児玉龍彦教授による「ゲノム科学から見た低線量被曝の考え方、福島原発事故の対応に対する緊急の提案」

☆子どもの甲状腺から放射線検出 (8月13日 16時48分)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110813/k10014892751000.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。専門家は「微量なので、健康に影響が出るとは考えにくいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」としています。



この調査結果は、13日、東京で開かれた日本小児科学会で、広島大学の田代聡教授が報告しました。田代教授らのグループは、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への被ばく量を調べる検査を行いました。その結果、およそ半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたということです。田代教授によりますと、甲状腺への被ばく量は100ミリシーベルト以上に達した場合に健康に影響が出るとされています。しかし、今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても、最も多い人で35ミリシーベルトで、「健康に影響が出る値ではない」ということです。田代教授は「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう継続的な健康管理が必要だ」と話しています。検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっています。



-------------------------

 児玉龍彦氏(東京大学先端科学技術研究センター教授、東京大学アイソトープ総合センター長)による「ゲノム科学から見た低線量被曝の考え方、福島原発事故の対応に対する緊急の提案」
 http://www.ustream.tv/recorded/16590303 (1時間17分06秒)



 児玉龍彦教授は、原発推進をする政府が採用するICRP(国際放射線防護委員会)の報告書には、最近の最先端研究「ゲノム科学から見た低線量被曝の考え方」が全く反映されていない前世紀(20世紀の研究)の考え方(科学水準)だと断定・言明している。



 田代教授は「健康に影響が出る値ではない」と発表しているが、科学の世界は”実証の世界”だ。ICRPの報告書に基づき「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくい」と発表しても、5年~20年後に、1149人のおよそ半数の子どもに集中して甲状腺ガンが発症すれば、「健康に影響が出る値ではない」は”嘘だった!”ことの証明となる。



*ICRP:国際放射線防護委員会(International Commission on Radiological Protection: ICRP)は、原発推進の専門家の立場から放射線防護 に関する勧告を行う民間の国際学術組織である。



-------------------------

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/


☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/


☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

☆Yahoo! Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blogs.yahoo.co.jp/mainichisundayman



------------------



*今日の「最低気温27℃→最高気温34℃」



☆今朝は、7:00~8:30、5人(一:道、公、照、嘉)で、定番コ-スの散歩に行った。







☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆「メルマガ金原」No.492を転載。(一部省略)



8/12児玉龍彦教授の「福島原発事故の対応に対する緊急の提案」



 先ほどお届けした童子丸開さんによる「児玉龍彦教授、南相馬での記者会見とインタビュー 児玉教授:あの沈黙・長考の意味は?」に対する「アンサー」であるかのように、本日(8月12日)午後5時から、児玉龍彦氏(東京大学先端科学技術研究センター教授、東京大学アイソトープ総合センター長)による「ゲノム科学から見た低線量被曝の考え方、福島原発事故の対応に対する緊急の提案」と題した記者レクが行われました。

 IWJチャンネル5による中継録画がアップされています。

   http://www.ustream.tv/recorded/16590303 (1時間17分06秒)



 7月27日に衆議院厚生労働委員会での参考人意見陳述の際には、時間不足で言い足りなかった点や不十分であった点を補充し、あらためて発表されたものです。



 7月27日の陳述に感動した人は、さらに児玉先生の主張についての理解を深めるため、是非視聴してください。



⇒ 岩上安身さんに、山下俊一(長崎大学医学部)についての見解を求められ、30秒もの”沈黙”が、注目された。だが、その回答が『「前世紀(20世紀)の知見ではなく、最近の最先端研究「ゲノム科学から見た低線量被曝の考え方」を取り入れなければ、福島県の現状に対応できない。』と名指しはしていないが、痛烈な批判・見解を言明している。



--------------------------



☆ブログ「黒猫の戯言」  (震災,放射線関係の資料をまとめています)

   http://tomynyo.tumblr.com/ より、(日本政府は、《ICRP方式》を採用。)



  1mSv/年は、何Bq/年か? ECRRとICRPの評価の違い 

http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_lomio9NY0D1qfc8ybo1_r1_1280.jpg?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1313148670&Signature=rKONS%2FGb94Zn3JfQh2NMTilYMJI%3D



《ECRR方式》 《ICRP方式》

1mSv/年→7700Bq/年 1mSv/年→104270Bq/年

↓ <1年間の内部被曝を1mSv/年にするには> ↓

1日約21Bq/kg 1日約286Bq/kg



☆104270÷7700=約13.5  *ICRP方式は、約13.5も緩く設定。





☆104270÷7700=約13.5  *ICRP方式は、約13.5も緩く設定。



広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中