私は「原発業界御用学者(リスト@wiki)」の存在を知らなかった。ネット界は凄い!(価値判断は各人だ)


山本太郎、脱原発デモに顔だし!「フリーで役者やってます!」と自己紹介し「声を上げれば日本は変えていける」に拍手喝さい! 

(シネマトゥデイ 6月12日(日)4時38分配信)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110612-00000002-flix-movi

 東日本大震災から3か月の節目となった6月11日、日本各地で脱原発を訴える大規模なデモが行われ、横浜でのアクションには“反原発発言”で波紋を呼んだ山本太郎も現れた。



桜木町に現れ、デモを激励した山本太郎



 「原発を停止する、再稼働しない、増設しない。20ミリシーベルトなど被ばく基準の緩和に反対する。原発から自然エネルギーへシフトする」という3つの条件を掲げた“6.11脱原発100万人アクション”は、全国約150か所、さらにはフランス、香港と、世界中にまで広がり、日本でも多くの人が立ち上がった。新宿では東口のアルタ前にも多くの人が“原発反対!”というプラカードを掲げ、「脱原発!」の声を上げてデモ行進に参加。若者からお年寄り、親子連れまで年齢層は幅広く、父親に肩車をされながら“脱原発”の風船を持った子どもの姿も多く見られた。警察官も多数動員され、新宿は一時警官とデモの列で騒然となった。



 これまで年間20ミリシーベルトという基準値に真っ向から異議を唱えてきた山本太郎も、前日にはツイッターで激励。6月17日に初日を迎える舞台「太平洋序曲」が終わるまで、ツイッターではつぶやかないと宣言していた山本だが、10日の深夜、「舞台終わるまで呟かない?一呟だけ許して。今日6・11は日本全国、そして世界でもデモ&パレードがある。お時間許す方、是非参加を。一人じゃない!って力を貰えます。沢山の方々が繋がれます様に。稽古中の僕ですが、想いは皆さんと一つ。声を上げて変えて行きましょう♪日本の主役は国民だ!」と、熱いメッセージを伝えた。



 そして当日、山本はまさに日本中と思いを一つにするように、横浜・桜木町駅前での脱原発アクションに現れた。「フリーで俳優やってます、山本太郎です!」といつも通りの笑顔であいさつをした山本に、デモの参加者たちは拍手喝さい。山本は「今から舞台けいこに行かなければ行けないのですが、皆さんの顔を見て、エネルギーをもらおうと思ってここに来ました。3.11以降情報がシャットダウンされ、これまで通りの生活を続けている人が多い中、これだけ多くの仲間が集まってくれたことが本当に心強いです。原発は、この国には合いません。これだけの事故が起こったというのに、国がまったく動かないのは、目の前の利権や金に左右されているとしか考えられません。今変えていかなければ、日本はいつ変わるんだって思っています。ひとりひとりの力は本当に小さいけれど、みんなで声をあげていけば変えていける! 頑張っていきましょう!」と真剣な表情で訴えかけた。



 海外から「NOと言えない日本人」と言われ続けてきたわたしたちの国で、こんなにも大きな「NO!」という声が上がったのだ。その声が、子どもたちに残す未来にどんな変化をもたらすのか。これからの日本の姿をわたしたちは、自分たちの目でしっかりと確かめていかなければならない。(編集部:森田真帆)



☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

https://mainichisundayh.wordpress.com/






*今日の「最低気温20℃→最高気温23℃」



☆今朝は、雨が降る前の8:00~9:30、定番の散歩コ-スに3人(公、禎、嘉)で行った。散歩を終えて帰宅すると、雨が降り出した。

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



「メルマガ金原」No.338を転載。(一部省略)



 昨日、全国各地で行われた行動・行事の中で、私が最も注目していたものの1つをご紹介します。 京都で開催された石橋克彦先生(神戸大学名誉教授・地震学)による講演会です。事前に目に触れていた開催案内は以下のとおりです。



いまこそ原発を問う連続講座 第2回 「迫りくる巨大地震~次は浜岡?それとも若狭?」

    2011年6月11日(土)午後1:30-4:30(開場1:00)

    会場:龍谷大学アバンテイ響都ホール(京都市南区東九条西山王町31 アバンテ ィ9階)

    講師:石橋克彦氏(神戸大学名誉教授)

    浜岡原発からの報告:東井怜(市民ジャーナリスト、予定)

    参加費:500円(資料代)

    連絡先:地の人・宗教対話センター

    主催:「いまこそ原発を問う連続講座」実行委員会

    共催:市民社会フォーラム



 石橋先生の講演自体の演題は、

   「原発震災」を二度とくり返さないために

~今こそ「原発フリー」の日本を創生しよう~



というものでした。



 以下のURLにより、講演会の模様を視聴できます。

  講演その1 http://www.ustream.tv/recorded/15302836 (19分29秒)

  講演その2 http://www.ustream.tv/recorded/15303287 (1時間52分58秒)

  発表・質疑応答 http://www.ustream.tv/recorded/15305704 (42分32秒)

  

 「原発震災」という言葉の生みの親である石橋先生が、地震学の見地から見た原発の危険性を分かりやすく説明してくださっています(5月23日の参議院行政監視委員会での参考人意見陳述のロングヴァージョンという趣きです)。



 ということで、有名になった石橋先生の「日本の原発は地震付き原発」イラストを再掲しておきます。

  http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/110523namazu_genpatsu.pdf



   ※ 絵の解説

     上半分に大きな文字で6行にわたって以下のように書かれています。

       原発は、本質的には世界中で

       同じ問題を抱えているが、

       現実的には、日本の原発は

       フランスなどの原発とは違う

       日本の原発は

       「地震付き原発」



 そしてその下に、原子力発電所とおぼしき施設の上に、巨大ナマズが覆い被さっているイラストが描かれています(石橋先生が5月22日の晩、翌日の参議院での陳述に際しての資料として自ら描かれたもの)。



-----------------------

☆私は「原発業界御用学者(リスト@wiki)」の存在を知らなかった。ネット界は凄い!(価値判断は各人だ)



「原発業界御用学者(リスト@wiki)」

http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/1.html



☆このHPの「メニュー」(トップページ)の各項目を開くと、よくぞこれだけ資料を集めたものだと思う。



*御用

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

原発関連御用文化人リスト

(御用に加担)無知っぽい学者・文化人

不買運動参考リスト

政府への要望



*非御用

反原発学者・ジャーナリスト

反原発でないがまとも



------------------

*諸葛宗男(東大特任教授 公共政策大学院)「安心安全心配なし」

http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/23.html

http://www.youtube.com/watch?v=oH1v1qSgqpU&feature=related (動画)



→ 諸葛先生「1960年頃の大気中のセシウムの濃度は10000倍高かった」



肩書きでTV出演し、肩書きの権威?で”堂々と嘘を言う”この人物!



→ 【反証1】降下セシウムは核実験時代の3倍 「早く沈静化を」と専門家

   http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032501000755.html



21日午前9時~22日午前9時の(たったの1日間)で、5300メガベクレル/km^2

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中