被曝東北各県や高濃度被曝府県の「農林水産物の放射能汚染商品」の”不買運動”を展開する必要有り!

☆小出 裕章こいで ひろあき(京都大学原子炉実験所助教)は、福島原発事故による放射能汚染が現在も継続中であり、今後においても”爆発”の可能性も残っているが、約11万トン(約10テラベクレル)もの高濃度汚染水の処理ができず、海へ流出し続けている現状を警告している。



☆政府は、福島原発周辺の海岸及び太平洋のきめ細かい被曝海藻のモリタリングを公表していないことの重要性を小出 裕章先生は指摘している。チェルノブイリでの高濃度被曝住民退避地区と同様の原発北西地区は、30年間以上も放置する以外の対応がない。



☆高濃度被曝の原発北西地区は、30年間以上も放置する以上に深刻なのが、日本本土の沿岸海洋が潮流により高濃度被曝されていると推測されることだ。日本政府は、恐ろしくて海岸及び太平洋のきめ細かい被曝海藻のモリタリングを先送りしていると思われる。



☆小出 裕章(京都大学原子炉実験所助教)によれば、

①IAEA:国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)

②ICRP:国際放射線防護委員会(International Commission on Radiological Protection)

は、「原発推進をするための国際組織であり、原発で利益を得る共同体組織である」とのことだ。だから、脱原発を宣言せず「安全に原発を運転」するという日本政府は、IAEAやICRPの勧告を”金科玉条”視している。自国民の命よりも、原発推進を重視している。





「メルマガ金原」No.336を転載。(一部省略)



 ビデオニュース・ドットコムに電話出演された小出裕章先生のお話をご紹介。



 さて、本題ですが、ビデオニュース・ドットコムに、神保哲生氏による小出裕章先生(京都大学原子炉実験所助教)への電話インタビューの模様が昨日(6月10日)アップされていました。 ただし、収録自体は一昨日(6月9日)に行われたようです。

   http://www.videonews.com/special-report/031040/001922.php



 「無料放送中」とある右横の「300k」とある部分をクリックしてください。ウインドウズ・メディア・プレイヤーが立ち上がります。



 番組案内を引用します。(引用開始)

スペシャルリポート (2011年06月09日)

IAEA報告書は原発を継続するためのもの



解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)

 政府は福島原子力発電所の事故を受け日本政府は、28項目に及ぶ安全強化策などを

含む福島原子力発電所の事故に関する報告書を、7日、国際原子力機関(IAEA)に提出

したが、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、この報告書は原子力発電を続けるた

めものであるとして、これを批判した。



 この報告書は20日からウィーンで開催されるIAEA(国際原子力機関)閣僚級会合を前に日本政府がIAEAに提出したもので、地震や津波の想定範囲や、シビアアクシデントへの対応策など、これまでの安全対策の不備を認め、強化策を明らかにするというもの。



 報告書を発表した細野豪志首相補佐官は、この報告書には政府が保持している原発関

連の情報はすべて記載したと語り、事故発生以来、とかく情報開示の遅れや隠蔽などで批

判を受けることが多かった政府の情報公開のあり方に、自信のほどを見せた。



 しかし、小出助教は、IAEAが原発を推進したい国々の思惑に基づいて組織されているため、日本の報告書も、原発の継続を正当化するための材料に使われる可能性が大きいと、警鐘を鳴らす。



 小出助教に最新の原発の状態や放射能拡散の現状、原発の事故検証委員会のあり方

などについて、神保哲生が話を聞いた。



プロフィール

小出 裕章こいで ひろあき(京都大学原子炉実験所助教)

1949年東京都生まれ。72年東北大学工学部原子核工学科卒業。74年東北大学大学

院工学研究科原子核工学修了。74年から現職。伊方原発訴訟住民側証人。著書に『放

射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原子力と共存できるか』など。(引用終わり)



 いつものように、「小出裕章(京大助教)非公式まとめ」に、小出先生の発言要約が掲載されています。

  http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/10/videonews-jun9/



☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。

https://mainichisundayh.wordpress.com/

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

https://mainichisundayh.wordpress.com/






*今日の「最低気温21℃→最高気温24℃」



☆今朝は、雨のため定番の散歩は中止。



☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



板垣英憲ブログhttp://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken

仙谷由人官房副長官、枝野幸男官房長官らが進める「野田佳彦財務相」擁立劇は、幕間の下手なコメディだ(2011年06月10日 20時57分39秒 | 政治)



◆権力欲渦巻く、永田町の国会という名の「桧舞台」で「世にも不思議な物語」が現在進行中である。だが、決して品のよい物語ではない。なぜなら、本来なら格式高いこの桧舞台が、いまや場末の「ストリップ劇場」に成り下がり、その幕間劇(まくあいげき)が、これまた下手なコメディだからだ。

 何しろ、演出家が胡散臭い仙谷由人官房副長官とあって、面白くも何ともない。主役が野田佳彦財務相と聞いて、思わず噴飯してしまうというものだ。

 これは、どう見ても、悪徳商人の阿波屋・由兵衛と幕府の勘定奉行・野田下総守という配役。往年の東映時代劇に比べるのは、東映の方にはなはだ失礼なのだが、歴代の悪役にピッタリの悪相である野田下総守が「阿波屋、おぬしも相当の悪よのう」と言えば、阿波屋・由兵衛はすかさず「お奉行様も、大変な悪でございますねえ、イヒヒ・・」というやり取りが聞こえてきそうである。

 阿波屋・由兵衛は、野田下総守を「老中」に押し上げて、美味しい思いをしようと企んでいる。だからなおさら胡散臭い。工作資金を子飼いのやはり悪徳商人で、いまや奥向きの茶坊主に成り上がっている枝坊からせびり取ろうとしている。だが、頭は坊主でも、頭(ず)が高くなっている枝坊は、阿波屋・由兵衛の無心は、ほとんど無視の姿勢だ。このため、阿波屋・由兵衛のイラ立ちは募るばかりだ。

◆幕間劇とは、「演劇で、長い劇の間に挟んで演じる小喜劇。本筋と関係なく、重苦しい気分を緩和するためのもの」という。しかし、いま上演されている本筋の劇は、妖艶なるストリップどころか、淫猥なるストリップ。「浅草フランス座」の方が、よほど脱ぎっぷりもよく、芸術性があり、レベルは格段に高い。

 だからなのか、あの辣腕ジャーナリストの上杉隆氏まで、6月11日付け夕刊フジ「2面」の「「ポスト菅」選び 筋の悪い喜劇」という見出しのついた記事のなかで、ボロクソにこき下ろしている。

 「原発事故に際し、情報隠蔽を繰り返して、日本の国際的な信用を毀損した菅首相はもはや不要だ。1日でも長くその座に留まることは日本の国益を損ねる。信頼回復のために一刻も早く、自ら退くべきだろう。同じことは、菅首相を支えてきた共犯者たちにも言える。政治は結果責任である。残念ながら閣内で菅首相を支えてきた政治家たちはみな連帯責任が発生している。ところが、そうした『犯罪者』たちが集まって、同じ『犯罪者』たちの中から『ポスト菅』を選ぼうとしているという。何という、筋の悪い『喜劇』だろう。それは国家への反逆でもあるし、国民への笑の裏切りとなる」

 上杉隆氏の言う通りである。菅直人政権の下で重要ポストをあてがわれて、政権を支えてきた連中が、菅直人首相に見切りをつけて、ボロ船から総脱出して、新しい「主君」を担ぎ上げようとするのは、いかにも浅ましい。全員政権から離れて、蟄居謹慎するか、最悪の場合、三条河原で斬首される運命にあるはずのである。それなのに、今度は、いまの「主君」を早々に裏切り、まだ、「主君」がいるというのに、新しい「主君」を担ぎ上げて、自らの栄耀栄華を楽しもうとは、何という連中だ。こんな輩に政権を任せようと思う者がいるとしたら、日本はもう本当にお終いだ。

◆最も絶望感を抱くのは、こんな下手くそな幕間劇のコメディを見て、本気で報道しているマスメディアである。「みのもんた」さん流に、「はっきり言わせてもらえば、「出鱈目ばかりの報道を垂れ流すな」と絶叫たい。「みのもんた」さんも、同罪ではあるが…。

 国民は、幕間劇のコメディを偶さか楽しむのは、良いけれど、やはり「本筋の演劇」から目を逸らしてはならない。


広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中