菅政権の「20ミリまで安全」は、何のデ-タも根拠も無い。5/17衆議院文部科学委員会で専門家証言。

<B><FONT color=”#009900″>☆ chateaux1000 山崎康彦 </FONT></B><BR>
<FONT color=”#cc00cc”><B>良心的な科学者や番組製作者が奮闘している! #goo_yampr7 <A href=”http://goo.gl/cF2vG”>http://goo.gl/cF2vG</A><BR>
</B><BR>
</FONT>良心的な科学者や番組製作者が奮闘している!<BR>
2011-05-19 11:30:50 | 政治・社会NHK教育TVが5月16日に放送した「ETV特集ネットワ―クで作る放射能汚染地図」という番組は一見の価値があります。<BR>
<BR>
ETV特集ネットワ―クで作る放射能汚染地図<BR>
<BR>
このドキュメンタリー番組は、福島第1原発第2号炉が水素爆発した3月15日に一人の科学者が原発事故によって飛散した放射線物質の汚染状態を調査するために現地入りした約2か月間の活動を記録したものです。<BR>
<BR>
実地調査したのは木村真三さんという若い科学者で目的は詳細な「放射能汚染地図」を作成することでした。<BR>
<BR>
木村さんは放射線衛生学の専門家で放射線原子力総合研究所に勤務していた時に東海村臨界事故に遭遇し現地調査を行った経験があります。<BR>
<BR>
またチェルノブイリ原発事故の際は自主的に現地入りして放射線物質の汚染状況を調査しました。<BR>
<BR>
その後厚労省の研究所に移りましたが、今回の福島原発事故に際して上司から「自主的に調査するな」との指示が出されたことに抗議して研究所を辞めて個人として現地調査されたのです。<BR>
<BR>
木村さんの現地調査を支援したのが京大原子力実験所の小出さんや今中さん、広島大学、長崎大学の科学者グループでした。<BR>
<BR>
▼ 通常の1200倍の汚染地区に放置された住民<BR>
<BR>
原発から20KM-30Km地点の自主避難地区の福島県浪江町赤字木の集会場の外と中を木村さんは測定しました。<BR>
<BR>
3月16日に測定した空気中の放射線物質(ヨウ素131、セシューム134,137)の線量は集会場の外の駐車場で80マイクロシーベルト/時、集会場内で20マイクロシーベルト/時でした。<BR>
<BR>
通常の放射線物質の空間線量は0.06マイクロシーベルト/時ですので、集会場の外の駐車場では通常の1200倍以上、集会場の内部でも300倍 以上の放射線物質に汚染されていたわけです。<BR>
<BR>
木村さんからこの数値を初めて聞かされた集会場の12名の住民は、マスコミが汚染度が高い地域としてたびたび報道する飯館村よりも多いと聞いて、「何も知らなかった。誰も教えてくれなかった」とショックを受けたのです。<BR>
<BR>
京大原子力実験所の小出さんや今中さんにしろ今回の木村真三さんら「自己の信念に忠実に生きようとする」良心的な科学者が勤務先をやめたり劣悪な待遇に甘んじながらも黙々と真実を追及している姿が描かれています。<BR>
<BR>
NHKにもまだ良心的な番組製作者が残っているのだということが良くわかる番組です。<BR>
<BR>
(終わり)<BR>
<BR>
<BR>
<B><FONT color=”#009900″>☆「メルマガ金原」</FONT></B>No.233を転載。<BR>
 <BR>
 5月15日の夜、NHK教育TVで放映された『ETV特集・ネットワークでつくる放射能<BR>
地図~福島原発事故から2ヶ月~』については、好評につき(だと思うのですが)、以下の日程で再放送(深夜枠ですが総合TVでも再放送されます)されることとなりました。<BR>
<BR>
 録画しそこなった方は、この機会をお見逃しなく。周囲の未見の方にも是非お勧めください。<BR>
  番組案内 <A href=”http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html”>http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html</A><BR>
  ETV特集 <A href=”http://www.nhk.or.jp/etv21c/”>http://www.nhk.or.jp/etv21c/</A><BR>
  番組表 <A href=”http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/sp/program/p.cgi?a=001&amp;d=2011-05-19&amp;c=21&amp;e=33115
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/sp/program/p.cgi?a=001&amp;d=2011-05-19&amp;c=21&amp;e=33115″>http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/sp/program/p.cgi?a=001&amp;d=2011-05-19&amp;c=21&amp;e=33115</A><BR>
 <BR>
<B><FONT color=”#ff0000″>(再放送予定)</FONT></B><BR>
5月20日(金)午前1時30分(木曜深夜)~3時02分【総合テレビ】<BR>
5月28日(土)午後3時~【教育テレビ】<BR>
 ※ 日曜日に放送された際には90分だったと思うのですが、再放送で2分延びたというのも変だなあ。<BR>
<BR>
<BR>
<FONT color=”#000000″>
☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。 <BR>
 <A href=” http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/”>http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/</A><BR>
<BR>
☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。<BR>
 <A href=”https://mainichisundayh.wordpress.com/”>https://mainichisundayh.wordpress.com/</A><BR>
<BR>
☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています<BR>
  <A href=”http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/”>http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/</A></FONT><BR>
<BR>
<BR>
<FONT color=”#ff0000″>*今日の「最低気温14℃→最高気温26℃」<BR>
<BR>
</FONT><FONT color=”#0000ff”><B>☆今朝は8:00~9:30、7人(一:道、、公、喬:照、禎、嘉)で定番コ-スの散歩に行った。<BR>
</B><BR>
</FONT><BR>

<FONT color=”#ff0000″><B>☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!<BR>
</B><BR>
</FONT>  <A href=”http://takedanet.com/2011/05/110517_e3cc.html”>http://takedanet.com/2011/05/110517_e3cc.html</A><BR>
<FONT color=”#0000ff”><B>科学者の日記110517 国会・文部科学委員会にて<BR>
</B><BR>
</FONT>5月17日、午前9時から12時まで国会(衆議院)文部科学委員会で参考人として陳述をしてきました。<BR>
<BR>
私の論点は3つ、<BR>
1) 日本の原発は自然災害で破壊する=国策で大災害をもたらすことをやっている。<BR>
<BR>
2)放射性物質が漏洩することに国は防御計画がない=国策で国民救済をしないことになっている。<BR>
<BR>
3)原子力基本法の「公開の原則」が無視されている.<BR>
<BR>
でした。<BR>
<BR>
さらに、代議士の方との議論は「小学校の20ミリシーベルト」に集中しました。<BR>
私は次のことを主張しました。<BR>
<BR>
1)福島を汚しているのは、単に「粒」なので、全力でできるだけ早く除去すれば、農作物は汚染されず、小学生も被曝しない、<BR>
<BR>
2)「粒」を福島全体で除去すると効果はさらに上がるので、国がやるのが望ましい、<BR>
<BR>
3)「1年20ミリシーベルトでも安全」という人がいるが、安全というデータがないのに人の命に関わることを言うのは医師とも専門家とも呼べない、<BR>
<BR>
4)文部省の1時間3.8マイクロシーベルトというのは、内部被曝を入れていないこと、学校以外の線量率を低く見ていることなどから、1年60ミリシーベルト相当である、<BR>
<BR>
5)子供はあらゆる面で大人より被曝量が多く、放射線に対する感度も高いので、子供を守れば大人は守れる。<BR>
<BR>
すべて今までの私の考えですから、特に新しいことはありませんが、国会の場で発言の機会を作っていただいたことに深く感謝しました。<BR>
<BR>
少しでも早く多くの子供の被曝が減ることを願っています。<BR>
<BR>
・・・・・・・・・<BR>
<BR>
文部科学委員会の議論を通じて、私は次のように結論することができました。<BR>
<BR>
● 1年100ミリシーベルト以下の被曝では「医学的にハッキリとしたデータがない」こと、<BR>
<BR>
● 「データがない」ということは、誰も「危険」とも「安全」とも言えないこと。<BR>
<BR>
● 繰り返すと、「20ミリまで安全だ」という人は「何の根拠も無く言っている」ことになること、<BR>
<BR>
● 1ミリから100ミリまでは「データがないが、危険性が高い」ので「国際的に約束した方程式を使う」と決まっていること、<BR>
<BR>
● だから、1年1ミリ以外の数値は「一般公衆」で「健康のチェックもしない」という状態ではあり得ないこと、<BR>
<BR>
● 仮に、「一般公衆」で「健康チェック、注意」などをすれば、5.2ミリまでは「安全のようだという実績」があること、<BR>
<BR>
● 従って、一般公衆に対して、1ミリと5.2ミリ以外の数値はないこと。<BR>
<BR>
今年、3月の初期被曝をした人は、1年5.2ミリを下回ることが難しい場合もありますが、少なくとも来年以後は、国民全体が1年5.2ミリ以下を守ることができるのです。<BR>
<BR>
そのための除染を大至急することが、今、日本国にとってもっとも大切なことと思います.<BR>
<BR>
そして、綺麗な大地を取り戻した後、放射線医学、放射線防護の人たちが、慎重に「1年何ミリか」を検討して結論を出してください。<BR>
<BR>
それによって「原発を選択できるか」も決まります.<BR>
<BR>
つまり1年100ミリなら今の原発でもほぼ大丈夫で、原発は主要な電気を発生させるもっとも大切なものになるでしょう。<BR>
<BR>
逆に1年1ミリなら、今の原発はすぐ止めなければなりません。ものすごく大きな選択なのです.<BR>
<BR>
・・・・・・<BR>
<BR>
でも、私は、こんな無意味な議論をして、除染の対策をとらず、子供達が人体実験を受けているという状態はまったくナンセンスと思いました。<BR>
<BR>
(平成23年5月18日 午後5時 執筆)   武田邦彦<BR>
<BR>
(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ<BR>
<BR>
<BR>
<B><FONT color=”#009900″>☆「メルマガ金原」</FONT></B>No.239を転載。<BR>
 <BR>
 先ほど、5月23日(月)に、参議院行政監視委員会において、石橋克彦氏(地震学/神戸大学名誉教授)、小出裕章氏(原子力工学/京都大学原子炉実験所助教)、後藤政志氏(元格納容器設計者/工学博士)、孫正義氏(ソフトバンク)という、今考えられる限り、最高に期待できる顔ぶれの参考人が呼ばれて話をされるということをご紹介しましたが(あと1人付け加えるとすれば、立命館大学の大島堅一教授/経済学でしょうが)、その中継が行われるのかどうかが気になってきました。ビデオニュース・ドットコム、ニコニコ動画、IWJなどがユースト中継するという訳にはいかないかもしれませんからね。<BR>
 そこで、参議院TV(これは俗称で、正式には「参議院インターネット審議中継」という)というものがあるのを思い出しました。<BR>
  <A href=”http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php”>http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php</A><BR>
 23日の審議の模様も、多分上記URLで視聴できるはずです。<BR>
 <BR>
 なお、ついでのようで申し訳ないのですが、今日(5月18日)、衆議院文部科学委員会における審議に、中部大学の武田邦彦教授が参考人として招致されて話をされています。<BR>
  衆議院TV <A href=”http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php”>http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php</A><BR>
    ↓<BR>
  左のカレンダーから「5月18日」を選択してクリック<BR>
    ↓<BR>
  会議名「文部科学委員会」をクリック<BR>
    ↓<BR>
  説明・質疑者等から「武田邦彦(参考人 中部大学教授)」をクリック(10分ほどの説明)<BR>
    ↓<BR>
  その後に各議員による質問に対して参考人が答えるシーンがあります。<BR>
  全部視聴しようとすると、相当長時間かかりますね。  <BR>
</P>

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中