②菅政権の”危機管理”は、「東電や原発推進団体を守る」こと、被曝者を人体実験で資料収集すること。

☆日本には ”国際的に偉い人!”がいる!(;^_^;)

 
 

IAEAチェルノブイリ事故調査委員長、日本の権威として【重松逸造】



http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/a9d5c9d21d8a0cb307da530ca28a178d



【重松逸造】がどのようなことをしてきたかも新聞などでも概要は伝えられています。

・「環境庁の水俣病調査中間報告「頭髪水銀値は正常」、論議必至。(一九九一年六月二三日付読売新聞)重松氏は水俣病の調査責任者で、水俣病被害者とチッソの因果関係はないと発表したのです。

・「黒い雨「人体影響認められず」広島県、広島市共同設置の「黒い雨に関する専門家会議」(座長・重松逸造・放射線影響研究所長、十二人)は、十三日、「人体影響を明確に示唆するデータは得られなかった」との調査結果をまとめた。(一九九一年五月一四日付毎日新聞)ここでも重松氏は調査責任者。

・「イタイイタイ病について環境庁の委託で原因を調査していた「イタイイタイ病およびカドミウム中毒に関する総合研究班(会長・重松逸造放射線影響研究所理事長)とし、イ病の発症過程を解明するに至らなかった。イ病では、認定患者百五十人のうち、既に百三十四人が激痛の中で死亡している」(一九八九年四月九日付読売新聞。)

・岡山スモンの記録「スモン研究の思い出。前厚生省スモン調査研究班々長重松逸造。結局は後で原因と判明したキノホルムに到達することができませんでした」重松氏はスモン調査の責任者でありましたが、キノホルムの因果関係はないと発表していたのです。

・九三年一月一三日、岡山県の動燃人形峠事業所が計画している大規模な回収ウラン転換試験の安全性を審査していた「環境放射線専門家会議」(重松逸造委員長)は、ゴーサンを出しました。じつにあらゆる公害問題においての政府・企業の利益になる決定に、重松氏が責任者となっているのが分かります。





この問題は石井部隊ともつながっていくものです。

これはずっと続く世界システムといっていいかもしれません。



環境問題も何もかも、問題を解決しようと

思えば、この世界システムを変えねば不可能な気がします。



ドイツではその試みをしています。




☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/</

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/





*今日の「最低気温9℃→最高気温18℃」



池田香代子ブログ より転載。

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/



カテゴリ【動画】チェルノブイリ25年 広河隆一の凄味25年前のあした、チェルノブイリ原発で深甚な事故がありました。この日をこのような状況で振り返ることになるとは、思いもしなかった、と言うのもおかしいし、予測していた、と言うのはもっとおかしい気がします。25年前、私は高木仁三郎さんの原子力資料室の会員になり、それが長らく、2001年に911事件が起こるまで、市民として社会問題に接するたったひとつの窓でした。以来、地震と原発という高木さんの心配を共有はしていたので、チェルノブイリ25年目をどんな思いで迎えるか、にわかには名状しがたいものがあるのです。



フォトジャーナリスト広河隆一さんの大きなテーマは、パレスチナとチェルノブイリと言っていいと思います。広河さんが18年前、チェルノブイリ事故から7年目に現地を取材したテレビニュースの映像を保管し、このたびyoutubeにあげてくださった方がいます。どなたかわかりませんが、感謝のことばもありません。どうぞご覧になってください。なにをもって広河隆一の凄味と言うのかは、見ていただければわかります。広河さんのフォトジャーナリストとしての凄味にも劣らないのが、人間としての凄味です。事故直後に取材に入った時から、人びとの相談に親身に耳を傾け、日本でできる限りのことをする中で91年に立ち上げた「チェルノブイリ子ども基金」(サイトはこちらhttp://www.smn.co.jp/cherno/)は、今なお力強くチェルノブイリの子どもたちを支えています。



映像について、私からはなにも付け足すことはありませんが、これが7年後の福島第一原発周辺の現実となるのでしょうか。今からでも、何をすれば悲劇をすこしでもちいさくできるのでしょうか。



http://www.youtube.com/watch?v=gWrfcGlItxk&feature=player_embedded

【原発事故】隠蔽工作 ねつ造されたカルテ 安全宣言の罠





http://www.youtube.com/watch?v=tWWICnIQE9k&feature=player_embedded

【原発事故】安全宣言のカラクリ そして子供になにが起きたか追跡





広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中