「人に発癌の危険が生じるのは最低100ミリシーベルト(mSv)被曝したときだ」という報道は誤り!

masason 孫正義

歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちも認める深刻な事態。未だにそれを認めず、安全だと言い過ぎる事も「安全流言飛語」の可能性有りhttp://bit.ly/eUiGgg

@uesugitakashi @iwakamiyasumi



原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

J-CASTニュース 4月16日(土)13時22分配信



 東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。



 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。



■大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める



   「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」



 提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。



 16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。



 特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。



 2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。



 田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。



■原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判



 提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。



 提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。



 原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。






☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/</

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/








*今日の「最低気温10℃→最高気温19℃」

☆今朝は8:00~9:30、4人(一:道、公、禎、照、嘉)で定番コ-スの散歩に行った。今朝も暖かった。家庭菜園の野菜の処分(第5日)。




☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!





http://www.windfarm.co.jp/category/blog/blog_kaze

2011/04/16

[

ノーベル平和賞の「社会的責任を果たすための医師団」が警告]



今、多くの人に知ってほしい、マスメディアが報道していない重要なこと 

(転送、転載歓迎)

★米国科学アカデミーによれば、安全な放射能の線量というものはない。過去数十年にわたる研究から、放射線はどんなに少ない線量でも、個々人の発癌リスクを高めることがはっきりと示されている。

★日本で危機が続く中、人に発癌の危険が生じるのは最低100ミリシーベルト(mSv)被曝したときだという報道が様々なメディアでますます多くなされるようになっている。これまでの研究で確立された知見に照らしてみると、この主張は誤りであることがわかる100 mSv の線量を受けたときの発癌リスクは100人に1人、10 mSv では1000人に1人、そして1 mSV でも1万人に1人である。

(★チェルノブイリの真実を伝えるこの動画(ここをクリック)を見ていない方はぜひ見て下さい)



1985年にノーベル平和賞を受賞した「社会的責任を果たすための医師団」からの警告

2011年3月23日

ワシントンDC発2011年3月23日。「社会的責任を果たすための医師団」(PSR)は、福島第一原子力発電所事故が進行している中で、事故による放射能が日本の食品の中に発見されたという最近の報告に深い憂慮を表明する。確かに、すべての食品には、天然の線源や核実験に由来するものなど、放射性核種が含まれているが、日本のほうれん草と牛乳で検出された、より多くの放射性物質は、人々の健康を危険に晒すものである。PSRは、どのくらいの放射線被曝まで「安全」と考えられるかについて、メディアで誤った情報が流布している点にも注意を呼びかける。

米国科学アカデミーによれば、安全な放射能の線量というものはない。過去数十年にわたる研究から、放射線はどんなに少ない線量でも、個々人の発癌リスクを高めることがはっきりと示されている。

「社会的責任を果たすための医師団」で前代の会長を務めたジェフ・パターソン、オステオパシー医学博士は、「食品経由でも、水経由でも、どのような線源からでも、放射線被曝に安全なレベルはありません。ピリオド」と言う。「ヨウ素131やセシウム137のような放射性核種に晒されると、発癌の発生数が増加します。そのため、食品と水に含まれる放射性核種を最低限に抑えるようあらゆる努力を払う必要があります」。

「とりわけ、放射性核種を含んだ食料を摂取するのは危険です。放射性の微粒子を経口摂取したり吸入したりすると、粒子が放射能を保ち続け、その粒子が体内に留まり続ける限り、身体に放射線を浴びせつづけることになります」。「社会的責任を果たすための医師団」理事で医学博士のアラン・H・ロックウッドはこう語った。「日本政府は、原発事故が起きる以前と比べてより多くの放射性物質を含んだ食品の販売を禁止し、影響地域の食品と水の幅広いモニタリングを続けるべきです。さらに、アメリカ食品医薬品局とアメリカ合衆国環境保護庁は、ここアメリカでの食品に含まれる放射性核種に関する既存の規制と基準を強化すべきです」。

日本で危機が続く中、人に発癌の危険が生じるのは最低100ミリシーベルト(mSv)被曝したときだという報道が様々なメディアでますます多くなされるようになっている。これまでの研究で確立された知見に照らしてみると、この主張は誤りであることがわかる。100 mSv の線量を受けたときの発癌リスクは100人に1人、10 mSv では1000人に1人、そして1 mSV でも1万人に1人である。

ある食品の汚染レベルで個々人が癌になる危険は小さいとしても、数千人、数百万人の人々がそのレベルの放射線に晒されるならば、癌になる人が出てくる。

最近の報告からは、今回の福島原子力発電所事故では、セシウム137よりもヨウ素131が多く放出されたことが示唆されている。ヨウ素131は甲状腺 —-子どもの場合は特にそれが著しい—-に蓄積する。セシウム137の半減期が30年強であるのに対して、ヨウ素131の半減期は8日強である。半減期は短いが、ヨウ素131を摂取することは、とりわけ妊婦と子どもにとってたいへん危険であり、癌や甲状腺機能低下、精神遅滞、甲状腺障害などを引き起こす可能性がある。

PSR理事から会長に選出されたアンドリュー・カンター博士は、「放射線の影響は子どもの方がはるかに大きく、癌になる可能性は大人よりはるかに高いのです」と語る。「ですから、子どもが放射能を含む食品や水を摂取することは特に危険です」。

すべての食品には、自然の放射線源によるものだけでなく、過去の地上核実験、チェルノブイリ事故によるもの、原子炉や兵器施設から放出されたものなどに由来する放射性物質が含まれている。福島原子力発電所事故により、食品に含まれる放射能にどのような影響が出るのか、その要因は複雑だ。原子炉が放出する放射性核種、風向きに影響する天候の動向、放射性核種が沈殿する場所、土壌の性質(たとえば砂質の土壌よりも粘土質の土壌は核種を留める)、食品の性質(ほうれん草のような葉物野菜は、外皮のある米のような作物よりも汚染されやすい、など)などが考えられる。しかしながら、食物連鎖の中で放射能は何倍にも濃縮される可能性があり、摂取すればそれだけ癌をはじめとする病気の蓄積的危険は高まる。

「情報からは、福島の原子炉から放出された放射性物質の総量は、これまでのところ比較的少ないことが伺えます。そうだとすると、全人口に対する健康上の影響はそれに応じて小さいでしょう」。「社会的責任を果たすための医師団」理事で医学博士のアイラ・ヘルファンドは言う。「そうだとしても、これだけの放射性物質を放出して『安全だ』というのは正しくありません。癌を発症し、それが原因で死亡する人も出てくるでしょう」。





「メルマガ金原」No.75より転載。



福島第一原発事故



講師 海老澤 徹 氏 (元・京都大学原子炉実験所助教授)

*日時 4月24日(日) 13:30~16:00

*会場 和歌山県勤労者福祉会館 プラザホープ 4階ホール

       和歌山市北出島1丁目5番47号 電話073-425-3335

参加費 無料

主催 原発がこわい女たちの会  連絡先 073-451-5960(松浦)



講師の簡単な略歴

 海老澤 徹 氏

  1964年:京都大学原子炉実験所入所

  専門:中性子物理

  伊方原発訴訟に原告側証人として参加、ECCSの欠陥について証言

  2002年:同上、定年退職

  元京大原子炉実験所助教授

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中