>☆福島原発事故!放射能測定結果を総て即刻公開せよ!何を恐れる菅直人!国民の生命より、東電が大事か!

☆東電! 遂に最後の手段に出た! 放射線汚染水を海に投棄!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000568-san-soci

東電、午後7時から低レベルの放射線汚染水を海に放出 

産経新聞 4月4日(月)18時54分配信



 福島第1原子力発電所の1~6号機のタービン建屋などに強い放射性物質(放射能)を含む汚染水がたまっている問題で、東京電力は4日、比較的、汚染レベルの低い水がたまっている集中廃棄物処理施設内の汚染水を同日午後7時から放出すると発表した。5、6号機の地下水についても午後9時から放出する。当初は5日から放出するとしていたが、「準備が整った」として4日から放出することにした。



 東京電力によると、海へ放出する低レベルの放射性廃液は法律で定める濃度の約100倍。2号機のタービン建屋地下の高濃度の放射能汚染水が何らかの経路で2号機取水口付近のピット(穴)から海に漏れ続けている。汚染水を移す仮設タンクの設置が間に合わない中で、一時的な保管先を確保するため、やむなく低レベルの汚染水を海に放出することにした。



 海への放出は、原子炉等規制法64条1項に基づく措置。東電が放射性物質を含む水を意図的に海に放出するのは事故後初めてとなる。海に放出するのは、集中廃棄物処理施設内の滞留水が約1万トン、5、6号機の地下水が合計1500トン。



☆東電は、今回の措置により、今後の東北沿岸漁業者への”生活保障”を背負ったことになる。まさか! ”この周辺の魚介類等を食べても、直ちに健康に悪影響をもたらさない”などと、言うのではないでしょうネ!



汚された大地で〜チェルノブイリ20年後の真実  是非とも視聴して下さい!

iwakamiyasumi 岩上安身

なぜでしょう。RT @NariakiSatoh @iwakamiyasumi @tsuzukitz 2006年のNHKスペシャルです。汚された大地で〜チェルノブイリ20年後の真実〜NHKアーカイブで見つからないのが謎です。 http://t.co/b0SSa2C




☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/</

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/




*今日の「最低気温4℃→最高気温14℃」



☆今朝は8:00~9:30、6人(一:道、公、喬、禎、嘉)で定番コ-スの散歩に行った。今朝は昨日と同様、肌寒かった。

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



☆【メルマガ金原】No.24 より、転載。



 昨晩、「田原総一郎×孫 正義 対談 ~東日本大震災について~」(ゲスト:田中三彦氏

(サイエンスライター)、後藤政志氏(元原子炉格納容器設計技師、工学博士)が行われました。個人で100億円義捐金を送ることを表明した孫 正義氏が、後藤氏と田中氏から現状についての分析を聞くという形で、26分以降から座談会が始まります。

   http://www.ustream.tv/recorded/13747656



☆昨夜、寝る前に【メルマガ金原】No.24を開き、最後まで視聴した。

ソフトバンク社長の孫 正義 氏の ”愚直なまでの純粋な発言”に感動した。

”現時点では、一般住民の生命の安全を最重視した施策を徹底することだ”と主張し、”直ちに健康に影響しない!”などと安全な場所に居る者が言っている。官房長官の記者会見を、原発30Km圏内で行うことができるのか?など、一般市民感覚で発言している。







Blog PEACE LAND

http://ameblo.jp/yam-fotografia/

2011-04-03 14:07:21

奈良林直の発言

テーマ:ブログ



プルトニウムは食べても安心。塩の方が危険!



北海道大学大学院工学研究科・奈良林直が、サンデースクランブルに

出演。プルトニウムより塩の方が危険、プルトニウムは経口摂取なら32gが致死量、

塩の危険性を熱弁。



それなら食べてもらいましょう!



誰か動画をアップして~!



原発賛成音頭 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ETaDN13Je3Y



<登場学者>*関村直人(東大)*中川恵一(東大)*諸葛宗男(東大特任)*小宮山宏(東大元総長)*宮健三(東大名教)*前川和彦(東大医)*寺井隆幸(東大)*松本義久(東工大)*有冨正憲(東工大)*衣笠善博(東工大)*澤田哲生(東工大)*奈良林直(北大)*北村正晴(東北大)*山口彰(阪大)*中村仁信(阪大医)*村上秀明(阪大)*長瀧重信(長崎医)*山下俊一(長崎医)*高村昇(長崎医)*神谷研二(広大)*星正治(広大)





——————————————————————————–


死の地帯??ドイツ政府の原発事故シミュレーション

http://www.youtube.com/watch?v=Tl-FVTsUorA&feature=related



評価の高いコメント



ドイツ政府は、原発メルトダウンシミュレーションを作って、国民-を警告する。



日本政府は、「プルト君」アニメを作って、子供達を洗脳しようと-する。



すんごい違いだな。日本の正体は、北朝鮮だったのか。ドイツでデ-モが起こるわけだよ。洗脳された日本人はおとなしい訳だよ。?



eatcarpet

ユーザーのブロックを解除ドイツ政府は優秀だな

しかも21年も前  それに比べて日本は原発作っていい技術レベル、危機管理レベルに-達してなかった?



yuwofnqy

このシミュレーション、今のフクシマで起きてる事故じゃん・・・



fusamame

私たちには、「事実に向きあう力」が足りないのではないか。本当-のことに正面から目を向けると怖い。でも、ちゃんと見なくちゃ。-事実を見据えて、そこから始めなくちゃ。危機管理っていうのはそ-ういうものでしょう。?



chiyokodji

日本が単独で商業用の原子炉を処理する時間から計算すると、福島-原発の後始末には30年ほどかかる」という。また、「東京電力が-4基の原子炉を取り壊すのに必要な費用は1兆円(約120億ドル-)ほどだ。?





--------------------------------------



【福島原発事故】放射性物質の拡散状況やデータなどに関する便利なサイト一覧

http://blog.livedoor.jp/ourplanet_diary/



【情報】放射能を可視化するサイト

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 03/29/2011 – 08:23

福島第一原子力発電所の事故が深刻化する中、放射能汚染への不安が広がっている。放射性物質の拡散状況やデータなどについて、把握しやすいサイトを紹介する。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/958



-------------------------------------



「明日から入ることになりました」原発作業員・続報

http://www.ourplanet-tv.org/?q=taxonomy/term/83



JVJAに所属するジャーナリストらが、3月16日に田村市でインタビューした福島第一原の作業員Tさん(27歳)。3月21日夜、彼から、取材に当たった山本宗補と綿井健陽の携帯に思わぬ連絡が入った。所属会社からの要請があり、22日早朝から福島第一原子力発電所の現場に入るというのである。

☆福島原発事故現場で働く作業員の心境! ”被曝犠牲になることを覚悟”の現場労働者。



------------------------------------

ドイツ気象局(DWD)の粒子飛散シュミレーションの日本語訳

http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329







「ちょっと便利帳」 http://www.benricho.org/map_straightdistance/

2地点の地名を入力し、左右の「GO」をクリック。(福島原発 - 東京 227km)



-------------------------------------

WHO 飲料水質ガイドライン(p-203- 表9-3)

http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf



☆放射性ヨウ素 (131-I )   10Gq/L

☆放射性セシウム (143-Cs)  10Bq/L



発刊にあたって

WHO飲料水水質ガイドラインは、飲料水の安全性に関する最新の科学的知見を集大成した貴重な資料である。飲料水中のあらゆる汚染物質についての基礎的な情報およびデータから、水道などの水供給の実務や国による規制のあり方に至るまでが網羅されており、まさに飲料水質管理についてのバイブルと呼ぶにふさわしい。WHO飲料水水質ガイドラインが何ものにも代えがたいのは、この分野における世界の第一線の科学者や研究者の叡知と、長年にわたる努力の成果が結集されていることである。このたび、監訳者として全文を通読する機会を得るに及んで、改めてその手応えを強く感じている。





厚生労働省が出した「食安発 0317第3号」(平成23年3月17日)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf



ここに記載している「基準値」は、” 暫定基準値 ”であり、WHO 飲料水質ガイドラインを、日本政府のご都合主義で、ヨウ素で30倍、セシウムで20倍も緩め(許容量を意図的に大きな数値)にしている。



☆放射性ヨウ素 (131-I )   10Gq/L・・・・> 300Bq/L(暫定基準値)

☆放射性セシウム (143-Cs)  10Bq/L・・・> 200Bq/L(暫定基準値)



☆シ-ベルトとグレイの換算   Sv=WR(放射線荷重係数)×Gy

WR=1(X線、γ線、ベ-タ線)   

☆シ-ベルトとベクレルの換算

1mSv/年・Kg ≒ 45515.2Bq/Kg  

総被曝量(μSv/年)=[(摂取ベクレル総量)×2.2]÷100

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中