*福島原発事故!「スリーマイル島」と「チェルノブイリ」。二つの原発大事故の惨事の後追い開始!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000078-yom-soci



海水からヨウ素131検出、安全基準の127倍

読売新聞 3月22日(火)2時17分配信



 東京電力は22日未明、東日本巨大地震で被災した福島第一原子力発電所の放水口近くで採取した海水から、これを飲んだ場合の安全基準の127倍に当たる放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。



 海水中の放射性物質は、魚や海藻に取り込まれると、生物濃縮によって濃度が高まる。漁業への影響も懸念されることから、政府は調査範囲を広げ、汚染実態の把握を目指す方針だ。



 福島原子力発電所事故対策統合本部の副本部長を務める海江田経済産業相は21日の記者会見で、「10キロ、20キロ離れたところの分析を早急にやらなければならない」と述べ、文部科学省を通じて、海水を採取する船を緊急に手配したことを明らかにした。



 東電は21日午後2時半、福島第一原発の廃液を海に流す放水口の100メートル南の海域で、海水500ミリ・リットルを採取して調べた。その結果、原子炉等規制法が定める安全基準の126・7倍に当たる、1ミリ・リットル当たり5・066ベクレルの放射性ヨウ素131が検出された。セシウム134は安全基準の24・8倍、セシウム137も16・5倍が検出された。



 汚染の原因として、東電は1、3号機が爆発した際などに飛び散った放射性物質が、大気中に拡散し、これが雨に付着して海に入った可能性と、3、4号機に放水された水が、放射性物質を取り込み、海に流れ出した可能性があると見ている。



 経済産業省の西山英彦審議官は22日、「1人当たり年間で摂取できる限度に達するには、この海水を3日間飲み続ける必要がある」と語り、直ちに健康影響が出る可能性は少ないとの見方を示した。 .最終更新:3月22日(火)11時28分






☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/

☆WordPress Blog にも、同じ内容で掲載しています。
https://mainichisundayh.wordpress.com/</

☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています
http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/





*今日の「最低気温8℃→最高気温14℃」





☆今朝は8:00~9:50、3人(一、公、喬)で定番コ-スの散歩に行った。

☆午後は、家庭菜園へ。大根系列の野菜の花(菜の花)を摘み取った。日本ミツバチも飛んできていた。本年第2回目の”菜の花”の薄塩漬けの仕込みを行った。

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



magosaki_ukeru 孫崎 享

放射能拡散分布:iidatetsunari ノルーウェー気象研究所もが放射性ダストの行き先予報を出したとのことです。

Japanの下の青い矢印をクリックしてください  http://bit.ly/grilxz

http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan

(URLから開くと少々、重いが・・・。 暫く待って下さい。)

 

☆今回の福島原発事故!による”放射性物質の飛来・降下”は、気象条件で次第、日本全国に広がることが予測されている。否!!! 近隣のアジア諸国だけでなく、太平洋を越えた米国まで及ぶ。

風による放射能物質拡散の予想図→ http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,bild-192707-751072,00.html



☆ご存知の方も多いと思われるが、地図上での”任意の2点間の直線距離”を瞬時に算出するサイトにも出くわした。

「ちょっと便利帳」 http://www.benricho.org/map_straightdistance/

2地点の地名を入力し、「GO」をクリック。(福島原発 - 東京 227km)



-------------------------------



中国はその巨大市場を日本企業にさらに開放して日本経済を直接助けつつ、同時に日本に巨額の金融的支援を提供する能力があるのは中国だけ

magosaki_ukeru 孫崎 享

災害と国際金融1:友人、山崎一郎氏の論評「米国債市場の大暴落に備えよ」送付。要旨;今次日本への災害は、崩れかかった米国債市場をさらに弱体化。日本による米国債購入の停止に加え、日本は再建、復興の巨額コストを調達するために日本の米国債保有の相当部分を売却必死。日本20%弱保有。 



magosaki_ukeru 孫崎 享

災害と国際金融2:中国(米国債の20%を保有)がますます米国債への投資を逡巡。唯一の買い手は米連銀。世界最大ファンドマネージャーPIMCOが米国債保有を清算。米国権力の完全な決定力麻痺(共和党と民主党の対立)、日本は二十年の慢性的な経済危機でひどく弱体化し、世界最大規模の政府負債



magosaki_ukeru 孫崎 享

災害と国際金融3:限られたエネルギー供給と商業・工業供給網の崩壊の中で、大規模復興と重大変化の両方を長期にわたって財政的に支える必要性に直面。同時に日本は近年、世界統治システムの欠くことが出来ない構成部分。東京は、世界の主要金融センターの一つ、外国通貨取引市場の三大ハブの一つ、 



magosaki_ukeru 孫崎 享

災害と国際金融4:日本経済は、世界経済に不可欠な電子部品を大量に供給。更に、50年を越す米国による世界の経済、通貨、金融支配の支え。日本は、中国の増大する力と米国の弱体化に対応し、中国圏にどんどん引き付けられる。



magosaki_ukeru 孫崎 享

災害と国際金融5;今次の危機は、日本が中国にどんどん引き寄せられる傾向を更に急速化するであろう。中国はその巨大市場を日本企業にさらに開放して日本経済を直接助けつつ、同時に日本に巨額の金融的支援を提供する能力があるのは中国だけ。本論評はLEAPの発行「GEAB」の巻頭記事 



--------------------------------



http://blog.goo.ne.jp/yampr7

「メルトダウン」を起こした「スリーマイル島」と「チェルノブイリ」の二つの原 発大事故の惨事 2011-03-22 15:51:36 | 政治・社会



福島第一原発の1号炉、2号炉、3号炉、4号炉の放射能遺漏事故は全てに外部電源が確保できて冷却装置が再稼働できるような



楽観的な報道がなされています。



大手マスコミは自衛隊と東京消防庁ハイパーレスキュー隊の決死の放水によって3号炉、4号炉の使用済み燃料プールに水が



注入され冷却に成功したことを大々的に報道しています。



しかしその陰でほとんど報道されなくなった事実は、圧力容器内にウラン燃料が入ったままの1号炉、2号炉とより強力な



プルトニュームとウランの混合燃料(MOX燃料)が入った3号炉の燃料棒が海水を外から注入していても水面が上昇せず、



それぞれ水面から1.5-2.5M露出して高温で燃えている深刻な事態です。



政府も大手マスコミは1号炉、2号炉、3号炉の「メルトダウン」の危険性が依然として高いことを国民に隠しています。



「国際原子力事象評価尺度レベル5」の「スリーマイル島」事故では運転休止中の原子炉が「メルトダウン」し燃料の45%、62トンが



原子炉圧力容器の底に溜まり放射性物質が外部に漏れだしたのです。



運転員による給水回復措置が取られ死亡者を出すことなく事故は終息しました。



「国際原子力事象評価尺度レベル7」の「チェルノブイリ」事故では、一旦制御棒をいれて核分裂を停止させた原子炉から職員が誤って



200本あまりの制御棒を引く抜いたために原子炉が暴走し爆発し広島級原爆500個分もの放射性物質が予想をはるかに超える広い範囲に広がりまし た。



世界保健機関(WHO)は死者9000人、国際がん研究機関は死者1万6000人、環境団体のグリーンピースは死者9万人と発表したほどの大惨事 を



引き起こしたのです。



菅内閣は今回の福島第一原発事故を「国際原子力事象評価尺度レベル5」と低く評価していますが、その深刻さは「スリーマイル島」事故を上回り



最低でも「レベル6」に引き上げるべきなのです。



「メルトダウン」を実際に起こした「スリーマイル島」と「チェルノブイリ」の二つの原発大事故を直接取材したジャーナリスト石弘之氏の記事が



「ECO JAPAN」にアップされていますので以下に全文を転載します。



石弘之氏は記事の最後に<<想定外の自然災害」はあり得ても、「想定外の大事故」はあってはならない。日本のような地震国では、



今回の事故は「想定外」ではすまされないはずだ。とくに、原発のように外部との完全な隔離を前提に成り立つ技術にあっては、「想定外」は



そのまま今回のような大惨事につながる>> と書かれています。



広く情報拡散をお願いします。



▼ 原発事故 スリーマイル島とチェルノブイリの取材経験から見えてくること ジャーナリスト石弘之氏



2011年3月18日 ECO JAPAN



http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110317/106136/?P=1



 「いつか」と言われつづけてきた超巨大地震がついにやってきた。そして、「まさか」と考えられてきた原子力発電所の炉心溶融事故が、



現実のものになった。新聞記者として、米国で起きたスリーマイル島原発事故と旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の両方を現場で取材した経験から、



私は原発の安全性に疑問を抱いてきた。だが、原発の発電量が日本で30%、世界で15%を占めるようになり、



安全性をめぐる表だった議論は陰を潜めてしまった。今回の東京電力福島第1原発の事故で、改めて原発をめぐる議論が世界でわき上がるだろう。



● メルトダウンはこうして始まった



 スリーマイル島原発は、米ペンシルベニア州のサスケハナ川の中州にある。中洲の周囲が3マイル(1マイル=約1.6km)あるのでこの名がつい た。



 問題の2号炉は1978年3月に試験運転を開始したものの、さまざまなトラブルに見舞われ、その年の暮れにやっと営業運転にこぎつけた。



年内に定常運転に入らないと税の優遇が適用されないために運転を強行したともいわれている。



 79年3月28日午前4時ごろ、轟(ごう)音とともに原発が白い水蒸気を噴き上げた。原発関係者がもっとも恐れる、「炉心溶融事故」(メルトダ ウン)の



幕開けだった。



 多くの大事故がそうであるように、スリーマイル原発事故も些細な故障と人為ミスからはじまり、それらが重なって大きくなった。タービンを回し終 わった



蒸気を水に戻す復水器の配管が目詰まりを起こし、主冷却水の給水ポンプが自動的に止った。同時に、設計した通りに原子炉が緊急停止した。



あとは、炉心部をいかに冷やすかの問題だった。今回の福島原発事故と同じ状況だった。



 止まった主冷却水に代わって、緊急時に備えたバックアップの補助冷却水が注入されれば冷却が進むはずだった。ところが、その補助系が作動しな かった。



42時間前に行われた整備点検時に、閉めた出口弁を開け忘れたのだ。だが、ここで最後の手段である緊急炉心冷却装置(ECCS)が自動的に作動 し、



高圧の大量注水を開始した。



 このまま、原子炉が冷えるのを待っていれば、炉心溶融は起こらなかったはずだ。しかし、操作の途中で運転員は炉内が満水状態になったと勘違いし て、



ECCSが作動を始めてから4分38秒後、手動で停止させてしまった。給水過剰によるパイプの破損を防ぐつもりだった。だが、実際は満水になっ ておらず、



炉内の温度や圧力が急上昇し、水素が炉内に充満していった。冷却水を失って福島第1原発と同じように空だき状態になった。



あちらこちらでアラームが鳴り響き、運転員らは何が何だかわからないままに右往左往するばかりだった。炉心溶融へと一直線に進んでいった。



水素爆発が起こり、炉心が溶けだして燃料の45%に相当する62tが原子炉圧力容器の底に溜まった。圧力を下げるために「圧力逃がし弁」が自動的 に開き、



ここから放射性物質が外部に漏れだした。運転員による給水回復措置が功を奏し、事態が終息したのは事故発生から2時間18分後。人類がはじめて直 面した



原発の大事故だった。



● パニックを起こした住民



 当時、新聞社のニューヨーク支局に勤務していた私は、事故直後に現場に飛んだ。ちょうど州知事が原発から8km以内の妊婦と学齢期前の子どもに 対して



避難を通告したときで、周辺の町は大混乱に陥っていた。さまざまなデマが飛び交い、どうしたらよいのかわからない絶望感と、どこへ逃げたらいいの か



分からない焦燥感が充満していた。



 その後、避難対象は半径24kmの20万人に拡大された。お金を引き出すために銀行には長い列ができ、スーパーは買い出しの大きな袋を抱えた客 で



ごったがえして商品の奪い合いがはじまり、ガソリンスタンドでは先を争う人たちがどなり合っていた。



 スリーマイル島から25kmの避難地、ハーシー(チョコレートで有名なハーシー社のある町)では核戦争用の待避壕の中で子どもが泣き叫び、



親たちもパニックを起こしていた。一方で原発の対岸にあるゴールズボロ市は、2万人もの市民が争って町を逃げ出し、ゴーストタウンのような不気味 さに



覆われていた。「目に見えない」「臭いもない」「気がつかない間にすべてを汚染する」放射能の恐怖は、現場にいたものにしか実感できない。



 だが、幸運なことに放射性物質の外部への放出は最小限にとどまった。事故時の混乱を今回の福島原発事故を比較すると、日本人の冷静さや規律の高 さは、



欧米のメディアも報じている通り驚嘆に値する。政府や東京電力はこの「理解ある国民」に感謝すべきだろう。



 事故からちょうど3年後に、事故のあった建屋の内部に入ることができた。まず、その内部の巨大さにびっくりし、いたるところに散乱するパイプ、 パネル、



機器類に事故時の混乱ぶりを見る思いだった。



● 1986年4月26日午前1時23分



 ウクライナ共和国(旧ソ連)の首都キエフから約30km北にチェルノブイリ原発がある。



 「チェルノブイリ」とは、このあたりに多い雑草のヨモギの1種である。原発に近づくと検問所があり、ここで汚染地区専用のクルマに乗り換えなけ れば



ならない。あたりには原野が広がる。よく見ると、リンゴやスモモの木が点在し、ジャガイモやキャベツの葉が顔をのぞかせている。放射能汚染によっ て



強制的に取り壊された村の跡だった。



 事故発生から36時間経って突然、避難命令が出た。「3日分の食料持参」の指示に従って住民は着の身着のままでひとり残らずバスに乗せられ脱出 した。



イヌも後を追ってバスに飛び乗ったが、汚染しているという理由で放り出された。原発から30km以内に居住する約11万6000人のすべての人が 移動させられた。



 かつてのチェルノブイリ市内に入ったのは事故発生から半年ほど経ったころだ。コンクリートのビルはまだ少し残っていたが、木造家屋はほとんどが



取り壊されていた。巨大な建屋の並ぶ原発に近づくと、いたる所に瓦礫(がれき)や資材が放り出されていた。軍用ヘリコプターが数十機、コンクリー トの



パネルの大きな山、ねじ曲がった鉄材、鉄板…。それらが錆びた無残な姿をさらしていた。



 しかし、4基あった原発のうち、まだ2基が稼働中で720人が働いていたのには驚いた。構内では半袖シャツ姿の職員とすれ違う。職員の給与は事 故後、



危険手当を含めて2~3倍に跳ね上がり、それが魅力で8割の職員がとどまったという。



 事故が起こったのは、86年4月26日午前1時23分44秒(モスクワ時間)。事故の前、チェルノブイリ原発4号炉では、検査と燃料交換のため にいったん



停止させるのを機に、ある実験が行われようとしていた。



 事故や停電が重なって原発のすべての電源が失われると、緊急時に大量の水を注入して炉心を冷やすECCSまで止まってしまう。そのときは非常用 ディーゼル



発電機に切り替わるのだが、動きだすまでに数十秒間の空白がある。その間の電力を確保するため、原発が停止してもしばらく回りつづけるタービンの



慣性を利用して発電する実験である。



 停止24時間前の25日午前1時、停止状態にもっていくために出力を下げはじめた。だが、いくつかの操作ミスが重なって出力が下がりすぎた。



このままでは実験が続行できなくなる。そこで運転員は、核反応を抑えている制御棒を手動で次々に引き抜いて出力を上げようとした。



 200本あまりの制御棒をほとんどすべて引き抜いた。ところが今度は逆に出力が急上昇しはじめた。緊急停止ボタンを押したが止まらない。



あわてて制御棒を下げはじめたところで原発は暴走をはじめ、大爆発を起こし、火柱が夜空高く立ち上った。原子炉上部の1600tもあるフタが吹き 飛ぶす



さまじいものだった。



 人類がかつて経験したことのない最悪の原発事故であり、最大の放射能汚染のはじまりだった。事故直後、火災は30カ所で発生していた。



現場に駆けつけた消防士は、致死量の放射能と濃霧のような煙のなかで火と戦わなければならなかった。



 広島級原爆500個分もの放射性物質が飛び散り、風やジェット気流に乗って予想をはるかに超える広い範囲に広がった。ロシア科学アカデミー地球 気象研究所の



調査では、汚染はウクライナ、ベラルーシ、ロシア西部にかけて、101万1000km2と日本の面積の2.7倍に及んだ。人体に危険なレベルの汚 染地帯は4100km2と、



東京都のほぼ2倍になった。さらに風に乗って北半球全域に拡散していった。



●原発の墓標



 ソ連政府の公式発表では、死者は運転員、消防士を合わせて33人だが、それ以外にも事故処理にあたった軍人や予備兵、地下から炉に接近するため のトンネル



掘削に駆り出された炭鉱労働者など多数の死者が確認されている。



 放射能被害など長期的な観点から見た場合の死者数は、86年のウィーンでの国際原子力機関(IAEA)の非公開会議で4000人という結論に なった。



2006年になって世界保健機関(WHO)は9000人とし、国際がん研究機関は1万6000人、環境団体のグリーンピースは9万人と発表した。



 事故後の大混乱のさなか、考えられるあらゆる応急措置がとられた。放射能の拡散を抑えるために、コンクリート30万m3、鉄骨6000tなどを かき集めて、



原発をそっくり覆ってしまう“石棺”をつくり上げた。作業部隊は重さ20kgもの防護服を着て、強い放射線のために1回の作業は1分13秒しかつ づけられない



という過酷な状況下で働いた。



 事故当時、原子炉内にあった燃料の95%が、現在も石棺の中に留まっている。内部の放射性物質の崩壊熱や雨水でコンクリートの劣化が進み、



石棺が崩れるかもしれないという状態になっている。このため、外側をさらに新たな遮蔽壁で覆う計画が持ち上がっているが、膨大な建設費がネックに なり、



工事は進んでいない。



 これは、福島第1原発の運命を示している。海水まで注入した原子炉の復活はまずありえない。ということは、いずれ4基のならんだ石棺となり、



原発の危険性を伝える墓標として無残な姿をさらすしかない。



 原発の寿命はなし崩し的に延長されてきたが、それでもせいぜい50年が限界であろう。私たちの世代はこの間に電力の恩恵を受けるが、



「廃炉」になった後、炉内に放射性物質を大量に抱えた無用の長物を何千年も監視を続けなければならない子孫には理不尽な話でしかないだろう。



● 崩壊した安全神話



 原発の大事故でつねに問題になるのは、事故をめぐる情報の開示である。背後には、原子力専門家の傲慢さがある。「素人に説明しても理解できない し、



下手に説明して誤解されてはかなわない」という態度である。



 チェルノブイリ原発の場合、当時のソ連政府は国民にも外国にも事実をひた隠しにした。スウェーデンの観測所が放射性物質の検出を公表して事故を



否定できなくなってからも、被害は軽微なものと発表していた。



 しかし、ペレストロイカ路線を押し進めたゴルバチョフ元大統領が陣頭指揮を執ってからは、それまでのソ連では考えられないほど大量の情報が公に なり、



事故の実態がかなり明らかになってきた。



 振り返って、今回の福島第1原発事故では、過去の教訓が生かされているのだろうか。テレビに登場した東電や政府の担当者が「わかりません」



「連絡がありません」「調査中です」を繰り返し、広報技術の稚拙さも加わってかえって不安を増幅させた。



 スリーマイル島原発の場合には、はじめての大事故とあって全貌がわかる専門家が払底し、世間に情報を提供する者がほとんど不在の中で混乱を極め た。



しかし、電力会社側は事故3日目には現場近くに広報センターを設け、そこに多くの技術者が待機してメディアや一般市民に懇切丁寧に原発の仕組みや



事故の現状を説明した。



 原発の“安全神話”も、今回の事故対策の大きな障害になっている。スリーマイル島やチェルノブイリで大事故が起きた後も、日本の電力会社は



ことあるごとに安全性を強調してきた。大事故の現場で、日本から視察にきた原子力の専門家に何人か会った。彼らは米ソの原発従業員の質の低さをあ ざけり、



「こんな事故は日本では起こりえませんよ」と、日本の従業員の質の高さや管理運転技術の優秀さを誇った。



 大地震で原発が崩壊する危険性は、すでに1960年代の原発開発の創成期から指摘されてきた。とくに2007年の新潟県中越沖地震によって発生 した



新潟・柏崎刈羽原発の火災で緊急対策がほとんど役に立たなかったことで、地震に遭ったときの原発の危険性が研究者や市民団体から警告されていた。



 だが、安全だと言い続けてきたために事故発生を前提とした緊急時の待避計画などは公表するわけにいかず、突然、待避勧告を突きつけられた周辺住 民は



どこにどのように避難すればいいのかも分からないまま混乱した。



 「想定外の自然災害」はあり得ても、「想定外の大事故」はあってはならない。日本のような地震国では、今回の事故は「想定外」ではすまされない はずだ。



とくに、原発のように外部との完全な隔離を前提に成り立つ技術にあっては、「想定外」はそのまま今回のような大惨事につながる。



(終わり)



広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

*福島原発事故!「スリーマイル島」と「チェルノブイリ」。二つの原発大事故の惨事の後追い開始!? への1件のフィードバック

  1. 加藤三郎 より:

    いろいろな情報ありがとうございます。
    広瀬さんのいくつかの映像は見ていましたが
    こういう形で文章化されているのを
    いろいろ読めるのはとてもいいです。
    できるだけここに書かれていることを
    ほかの人のも読んでもらいたいと思います。
    いろいろ生活に忙しく
    なかなかいい情報に接することが難しいのですが
    そういう意味でもありがたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中