菅氏と仙石氏 小沢切りが任務。この役目果たせばご苦労さん。でも菅さん、米国は見限ってますよ。

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。
http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/



☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

*今日の「最低気温9℃→最高気温16℃」

☆8:00~9:40 今朝は、定番の散歩へ3人(公、禎、嘉)で行った。


☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

aratakyo 新 恭

永田町異聞を更新しました。今日は「問答無用の資格停止こそ不条理だ」です。http://ameblo.jp/aratakyo/   2月23日



2011年02月23日(水)

問答無用の資格停止こそ不条理だ

テーマ:政治



森島恒雄氏の「魔女狩り」(岩波新書)にこうある。



「上は高遠な思想家から下は毒草摘みの老婆にいたるまで、貴賤貧富、老若、性別を問うことなく魔女となった。思えば魔女は気の毒な道具であった。彼らの関知しないあらゆる災厄や不幸、戦争や政治が彼らに結びつけられたのである。しかもそれは、全く恣意的な結びつけであった」



いまや、小沢一郎は、この国の政治がうまくいかない罪をすべて負わされているかのようだ。「全く恣意的な結びつけ」によって。



「魔女狩り」とは、15~17世紀、西欧のキリスト教国に広がった支配者や知識人の手による異端者処刑のことである。



ルネッサンスの文化が花開いた時代に、大学者や文化人が、法皇、国王、貴族に手を貸して繰り広げられた狂気の殺人ゲーム。気に入らない人間は女だろうが男だろうが、異端審問にかけられ、神の意思に反する「妖術」を駆使する者として処断された。



昨日、民主党の倫理委員会は、さながら異端審問の場と化した。



「検察審査会による起訴手続きと、検察による通常の起訴の違いについて、どのようにお考えになっているのか」



「検察審査会の起訴議決の有効性について、どのように判断されているのか」



「党員資格停止は最長六ヶ月とされているものを、判決確定までの間とするのはなぜか



小沢氏は上記を含む5つの質問に対する回答を文書で求めたが、渡部恒三倫理委員長は「先例がない」と突っぱねたという。このあとの常任幹事会で、民主党は小沢氏の「党員資格停止」を決めた。



質問に答えもせず、問答無用で資格停止処分にする。いったい小沢氏が何をしたというのか。



はっきりしているのは、東京地検特捜部が、政治資金収支報告書の記載方法に関する些細な解釈の違いを事件にして、小沢氏の元秘書3人を逮捕、起訴し、その三人とも無罪を主張していること。三人の元秘書と小沢氏が共謀しているかどうかを裁判所で判断してもらう権利が国民にあるとして、検察審査会が起訴議決をしたこと。それだけである



民主党の倫理規範にある「汚職、選挙違反ならびに政治資金規正法令違反、刑事事犯等、政治倫理に反し、または党の品位を汚す行為」 に今の時点で該当すると判断できる材料は何もない。



魔女狩りの広報機関でありながらその自覚さえないマスメディアは、相も変らず感情むき出しの論説を繰り返している。



「極めて甘い処分にとどまった。国会での説明責任に背を向けたまま、これで幕引きすることは許されない」(日経社説)



「元秘書3人の逮捕・起訴に加え、本人が刑事被告人となった以上、本来は自発的に政治的なけじめをつけるのが国会議員として筋である」(読売社説)



なかでも朝日社説は極めつきのヒステリー症状を呈する。「党員資格を停止される人物が、闇将軍のように党内で影響力をふるう。異様な光景というほかない」



さて、その朝日、同じ日の天声人語で「無菌化」の危うさを書いている。



◇「ハックルベリー・フィンの冒険」の黒人への差別語を、無難な語に換えた新版が米国で出版され論争を呼んでいる(中略)今は禁句の「ニガー」という言葉が200カ所以上使われている。これを「スレーブ(奴隷)」とした(中略)言葉のために名作が読まれないのは残念、というのが新版の趣旨らしい(中略)「無菌化」とはニューヨーク・タイムズ紙の新版批判である▼あらためて日本語訳を開くと、差別語に限らず、雑菌の森を行くような奔放な言葉は面白さの一つだ。◇



何か気に障るもの、害があるのではないかと思えるものを見つけたら、繰り返し繰り返し「除菌」しようとする「無菌社会」志向はいまの日本が抱える深刻な病的風潮である。集団ヒステリー、または潔癖症的な精神状態がさまざまな難題を生み出している。



天声人語はこう締めくくる。「事なかれ主義で安易にタブーを生む社会は、優しげに見えてその実危うい。無論米国だけの話ではなく」。



まさにその通りである。ところで、この国の言論界において、小沢一郎擁護はタブーのようになっていないだろうか。



小沢氏をイメージだけで細菌のように毛嫌いする世間の風潮をつくりだし、悪乗りし、さらには「闇将軍のようにまだ影響力をふるう」のはけしからんと、政界から「除菌」するかのごとく追放を声高に叫んでいるのは、朝日新聞をはじめとする大手メディアであろう



「無菌化」は人を、社会をひ弱にする。些細なことに過剰に反応し、重要なことに考えが及ばない。



単純な善悪二元論で、つねに誰かを悪者にし、それを徹底的に攻撃することで部数を伸ばし、「無菌社会」の製造を続けてきたのが、実は自分たちの言論であるという自覚もなしに、「安易にタブーを生む社会は、優しげに見えてその実危うい」と書いてみても、どれほどの説得力があるだろうか。



せっかく「無菌化」を取り上げた機会に、朝日新聞は「無菌化」がおよぼす社会の病理について、わが身を振り返りながら紙面で掘り下げてみてはどうだろう。



さしずめ「小沢バッシング」などは、格好の材料だ。そのさい、民主党議員の会派離脱などさまざまな動きを、すべて小沢の差し金だと決めつける思考回路に詰まりがないかどうか、よく点検されることをおすすめしたい。



 新 恭  (ツイッターアカウント:aratakyo)



——————————————

iwakamiyasumi 岩上安身

ほほう。RT @shigex_yokohama …cont) アーミテージは菅一派と。石川議員が逮捕、小沢氏が検察の2回目の徴収を受けた日にも、検察審査会の議決があった日にも来ていました。


http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/859





—————————————–



★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK103 > 859.html  

次へ 前へ

アーミテージと日本政治「小沢氏は反米。彼はいうなればペテン師(crook)ですね」(孫崎享氏のTwitterより)

http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/859.html



投稿者 蔦 日時 2011 年 1 月 07 日 19:22:54: TYIQ1FZsKVr1w



孫崎享氏の本日のTwitterより紹介します(読みやすさを考えて四回のツイートを一つにまとめました)。

http://twitter.com/#!/magosaki_ukeru



『アーミテージと日本政治1~4』



ジャパン・ハンドラーとして今最も動くは政権内でキャンベル国務次官補、外でアーミテージ元国務副長官。日本の米関係者は配下的存在。



文藝春秋2月号アーミテージの対談掲載。

「小沢氏に関しては今は”反米”と思わざるをえませんね。何らかの理由があって考えが固くなったのかもしれません。

彼はいうなればペテン師(crook)ですね。彼は日本の将来を”中国の善意”にあげようとしている。」



傲慢さむき出し。この意をうけて小沢排除に動く日本。菅総理の尖閣関連発言に関し、「彼は自分が何を言っているか理解していないでしょうね」。



菅氏と仙石氏 小沢切りが任務。この役目果たせばご苦労さん。それだけに菅氏任務遂行に必死。でも菅さん、米国は見限ってますよ。

文藝春秋同時期に「菅・仙谷には国を任せられない」の標題で、西岡武夫・参院議長論評 一見議長の総理批判異例。米国の風読めばOK.辺野古移転力説しセーフと思う



「安陪さんは日本の望む物は自立しても得られないことを判っている。そして安保枠内で強くなること。恐らく前原氏も同じでしょう」、

自立目指さない政治家かどうかがAの基準。前原氏見事合格。おめでとうございます。こんな台詞吐くのが今日本を牛耳っている。日本政財官報道諾々追随





※A=アーミテージ(投稿者注)。



※孫崎 享(まごさき うける、1943年~ )氏は、日本の元外交官、元防衛大学校教授、作家(投稿者注)。





——————————————–



@Yu_TERASAWA 寺澤有

ほとんどの国民は日本に報道の自由があると勘違いしていますからね。戦前と変わらず、大本営発表をたれ流すのは自由なんですけど。

RT @buieiure…(YouTube http://youtu.be/9ilmWWOJtPQ?a



記者会見の生中継をめぐり、総務省記者クラブとフリーランスが激突

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中