孫崎 享 氏 ”驚愕。ビデオの語り手は「とんでもない嘘をついてる」と断定できればどんなによいことか。

☆Blog eonet にも、同じ内容で掲載しています。

http://mainichisundayman.blog.eonet.jp/default/



☆TeaCup Blog にも、同じ内容で掲載しています

http://blog.ap.teacup.com/kouichi_kishi/

*今日の「最低気温10℃→最高気温16℃」

☆8:00~9:40 今朝は、定番の散歩へ3人(公、禎、嘉)で行った。

☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!

☆日本国民に対し、在沖縄米軍「海兵隊」の存在を「抑止力」と洗脳するのは、対米従属を恒久化する売国奴(国会議員・中央官僚・マスコミ)

iwakamiyasumi 岩上安身

BBLでの発言と同じですね。RT @Sudhammacara 鳩山さんの「抑止力は方便」発言について内田樹先生が論を発表。http://blog.tatsuru.com/2011/02/23_1042.php

【内田 樹(たつる)の研究室】2011.02.23

(注)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E6%A8%B9

方便について

鳩山前総理の「方便」発言へのメディアのバッシングが続いている。

普天間基地の県外移転構想が破綻したときに、前総理が口にした「海兵隊の抑止力」という言葉がその場しのぎの方便だったと、琉球新報へのロングインタビューで答えたことへの批判である。

海兵隊の沖縄駐留には抑止力などという軍事的な理由付けはなかった、ということを外交交渉の当事者がカミングアウトしたのである。

このことがどうして批判の対象になるのか、私にはその理由がよくわからない。

現に、琉球新報の解説記事は、この発言が基地問題の本質を露呈させたとして、一定の評価を与え、単なる失言問題に矮小化しようとしている中央のメディアに対してあらわな不信感を示している。

鳩山前総理がインタビューで暴露したのは

(1)海兵隊の沖縄駐留には軍略上の必要性はない

(2)前総理の県外(できれば国外)移転構想に複数の閣僚と官僚たちが激しく反対した

という二点である。

これは沖縄における基地問題を考察する上で、今後の議論の基本になるべき情報だと私は思う。

だが、その発言について、中央のメディアは内在的な吟味抜きに、「鳩山またも失言」という論調で冷笑的に扱い、鳩山談話全体を「まともに論じるに値しないもの」と印象づけようとしている。

私は前に鳩山前総理の「抑止力」発言について、これは「沖縄の基地には核があるかもしれない」という外交的な「ブラフ」の有効性について、在沖繩米軍の司令官クラスから説明を受けたのではないかと推測した。

その推測は鳩山さんには裏付けていただけなかったが、「とても国民にはいえないような理由で」沖縄に米軍基地が置かれているという推理そのものは間違っていなかったようである。

「とても国民には言えないような理由」とは何か。

それが「非核三原則により、ないことになっている」核兵器でないとすれば、残りは一つしかない。

それは「沖縄がアメリカの在外基地の中でもっとも快適で、もっとも安全で、もっともコストの安い基地だから」というものである。

米軍基地は東アジア全域で縮小されているが、その大きな理由は、駐留先からの「出て行ってくれ」という激しい要求に屈服したせいである。

基地の外に出るとどこでも敵意にみちた視線を浴びる、というのが今のアメリカの在外基地兵士たちのの実情である。

前にも書いたが、アメリカの軍事的パートナーである韓国の軍人たちへのアンケートで「一番嫌いな国」の第一位はアメリカであり、「これから戦争する可能性がある国」の第一位もアメリカである。

それが38度線を抱えた臨戦国家の兵士たちの、同盟国に対するリアルな感情である。

他国においておや。

だから、フィリピンでも、韓国でも、1990年代から米軍基地は急ピッチで縮小されることになったのである。

その中にあって、一人日本だけがいまだに「在日米軍基地は必要だ」ということを政治家も官僚もメディアも言い募っている。

そんな国はもう東アジアでは日本しかない。

アメリカ軍にとって、日本列島はいまや「世界で一番居心地のいい場所」、たぶん世界で最後に残されたアメリカ軍ご用達の「リゾート」なのである。

ここを追い出されたら、もう行くところがない。

だから、いる。

その程度の理由で米軍は沖縄に基地を置いている。

それを知って、鳩山さんは 呆然としたのである。

というのが、私の推理である。

まさか、「沖繩は快適なリゾートだから、出たくない」というような「本音」を公的にアナウンスするわけにはゆかない。

それは「日本はアメリカの属国です」という天下周知で、日本人だけが知らないふりをしている「事実」を認めることになるからである。

しかたがないので、「抑止力」という手垢のついた用語を一時の方便に使った。

そういうことではないかと思う。

もちろんこれは素人の床屋政談に過ぎない。

けれども、「方便」の語義について、私の解釈以上に説得力のある解釈があれば、誰か教えて欲しい。

メディアの解釈は「鳩山の言うことには何の意味もない」というところで停止している。

沖縄のことについては何も考えたくない、というメディアの気持ちは私にもわかる。

日米がイーブンパートナーではないということを受け容れない限り、沖縄で起きていることは説明できないからだ。

そのことを認めるのが日本のエスタブリッシュメントにとってはたぶんきわめて不快なのであろう。

だが、どれほど不愉快であろうと、そこから話をはじめなければ、私たちはどこへも行けない。

☆池田香代子さんが激白! → 自分が蹂躙した相手の怒りや苦痛や悲しみにゆがんだ顔は見たくないから見ないことにし、そのうえでおのれの行為をプラスにさえ評価したいあつかましさが言わせるのが、「沖縄の人はやさしい」ではないのか。

【池田香代子ブログ】

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/


2011年02月24日02:09  

抑止はユクシ(嘘) 

インターバル正直者の鳩山さんが証言してしまった重要なこと、列記するのはさほどの手間ではありません。けれど、その前に書いておかねばならないことがある、という思いを払拭できず、ぐずぐずときょうまで引き延ばしてきました。それは、何十年も前から私の心の中に響いている怒鳴り声に関係します。



「だから沖縄なんか行きたくないんだ!」



怒鳴ると言うよりどやす。私自身をどやす声です。旅行ブームがブームを越えてすっかり定着し、沖縄は北海道と並んでリゾート地として群を抜いた地位を獲得しました。みんなが沖縄に行きます。私も行けば、その自然に驚嘆し、その文化に感動することでしょう。本場のソーキそばやラフテーに感激するでしょう。「癒しの島」ですっかり「癒され」てしまったりするかもしれません(「癒し」、物欲しげでさもしい言葉だと、私は思います)。



「米国は沖縄にいることでパラダイスのような居心地の良さを感じている。戦略的なメリットも当然だが、思いやり予算、県民の優しさも含めて。」(2月13日付沖縄タイムス紙、紙面の写真がこちらのブログ「地元紙で識るオキナワ」さんの2月14日のエントリにあります)



ウェブ版では省略された「鳩山由紀夫前首相一問一答」の一節です。「戦略的なメリット」は、お体裁でしょう。だって、このインタビューによれば、沖縄の、すくなくとも海兵隊は抑止力つまり戦略とは無関係だというのが、鳩山さんの認識なのですから。思いやり予算が沖縄を米軍のパラダイスにしている、というのはそのとおりです。このブログに引用するのはこれで5度目ですが、しつこく繰り返しておきます。「沖縄が地政学的に重要なのではない、思いやり予算と、防衛施設庁のきめ細かい住民慰撫が、沖縄に地政学的価値をもたらしているのだ」(ケント・カルダー『米軍再編の政治学』)。



残る「県民の優しさ」。このひとことに悶々としています。そうか? 沖縄の人びとはやさしいか? ほんとうに? 



冗談ではない、と私は思います。この「やさしい」というのは、蹂躙する者のまなざしに捉えられた「やさしさ」ではないのか。自分が蹂躙した相手の怒りや苦痛や悲しみにゆがんだ顔は見たくないから見ないことにし、そのうえでおのれの行為をプラスにさえ評価したいあつかましさが言わせるのが、「沖縄の人はやさしい」ではないのか。これは根深い問題です。鳩山さんひとりにとどまるものではありません。沖縄県外に住むすべての人びとにかかわる問題、ひいては、侵略や植民や支配の歴史をもつすべての地域の人びとにかかわる問題です。アメリカにとってのハワイが、フランスにとってのタヒチが楽園としてイメージされることと同根の、根の深い問題だと思います。



サイードの『オリエンタリズム』を引き合いに出すのがいいかもしれません。ヨーロッパ人のオリエントへのまなざしは、欲望と、異質なものへの蔑視に引き裂かれ、あるいはそのふたつが複雑にまざりあっていた、そういう混濁した視野に広がるのが、ヨーロッパ人にとっての幻想のオリエントでした。それは、女性として思い描かれるのが一般的で、ドラクロワの「オダリスク」、すなわち中東風の豪奢な調度にかこまれて寝椅子に横たわる全裸の美女が、もののみごとにヨーロッパのまなざしを表現しています。欲望しているのはヨーロッパです。土地が痩せ、気候も寒冷なヨーロッパと異なり、「オリエント」は香料や高級木材を産し、その技術力は精巧な織物などを生み、また高度の文化を誇っていました。ヨーロッパの欲望の対象にならないほうがふしぎです。なのにヨーロッパは、自分が欲望しているのではない、「オリエント」が誘惑しているのだ、と表象するわけです。



鹿児島出身の、文学者である友人が言っていました。「鹿児島の人間は、琉球と聞くと、激しいあこがれと激しい見下しに心をかき乱される」 薩摩藩による琉球支配が、何百年もたったいまなお、そうした心情を温存させているのでしょう。かき乱された心が、欲望主体であることの罪深さをも否定したいという第二の欲望をみたすために、この欲望は相手が、琉球がひきだしたのだ、と妄想し、蹂躙した相手がそれを歓迎していると妄想して罪悪感から逃れようとする心機は、ごくありふれたものです。そこから、「沖縄の人はやさしい」まではほんの一跨ぎもありません。



沖縄県外の人間は、「沖縄の人はやさしい」などと、軽々に言ってはいけないと、私は思います。実際にやさしくても、です。それが、琉球支配をしたことのある、いまなお「差別だ」と沖縄の人びとが告発せざるをえないような仕打ちをしている沖縄県外の人間の、たしなみではないでしょうか。たしかに琉球王国は交易によって栄えた国ですから、来訪者を歓待するという気質をいまに伝えているでしょう。けれど、だからと言って、沖縄にのこのこ出かけていって観光客として歓待をうける、そんな気分になれなかったのが、私の年来の「だから沖縄なんか行きたくないんだ!」なのでした。同じような理由で、韓国にも中国にも、グアムにもサイパンにも、インドシナ、シンガポール、マレーシア、フィリピンにも、行くのは気が重い。このくにがかつて軍靴で踏みにじった土地は、踏みたくないのです。永六輔さんは、だからこそ行くべきだ、観光してお金を落とすべきだ、とおっしゃいます。永さん、すてきだと思います。私もそこまで達観したいとも思います。けれど、いまだに遊びには行けない、私はひねこびた性格です。



沖縄にも、取材だ、講演だと、必要に駆られてようやく海を渡ることができました。「運動家」としてまなじり決して行くには、私はやわな人間です。仕事か、あるいは親しい友人を訪ねるためなら、言い訳が立とうというものです。私は、自分のいじけた拘泥を捨てる気はありません。「沖縄の人はやさしい」と、「癒しの島で癒された」と、さらりと言ってしまえる人への異和感に、これからもこだわっていくだろうと思います。



☆俄に信じ難い”恐ろしい!米英工作の常套手段”。

孫崎 享 氏 ”驚愕。ビデオの語り手は「とんでもない嘘をついてる」と断定できればどんなによいことか。彼については米国賛否両論”



magosaki_ukeru 孫崎 享

中東と米英工作:一般的少数民族、個人では弱みある者利用。これを梃に自分の方にくれば恩恵。離れればマイナスを行使。この原則世界中に適用。日本でも極端な対米追随者にこの原理働いていないかチェックすると良い



magosaki_ukeru 孫崎 享

驚愕。ビデオの語り手は「とんでもない嘘をついてる」と断定できればどんなによいことか。彼については米国賛否両論、gray_raccoonさん情報提供http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

 

----------------------------------



gray_raccoon 白髪のアライグマ

@ @tanakaryusaku 背後にいる米国の影響力ではないでしょうか?もしかしたら、菅さんも”ジャッカル”に脅迫されているのかもしれません。http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A



gray_raccoon 白髪のアライグマ

@ @magosaki_ukeru 鳩山さんは政治家に向いていませんね!とってもいい人なんですが。育ちが良すぎて、頼りにならないところがあります。”いつまでもガタガタ言ってんじゃねーよ、テメーラ!”という言葉を毎朝一回発生練習したらよいのかもしれません。



gray_raccoon 白髪のアライグマ

@ @magosaki_ukeru 並行して、9.11、 New World Oder などについて調べた結果、残念ながらJohn Perkins氏は真実を語っていると思われます。次もご参考に! http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中