<沖縄米軍基地>国は、スラップ裁判(恫喝裁判)で、”住民をが事業を妨害した”として裁判に提訴。

*今日の「最低気温3℃→最高気温7℃」



☆8:00~9:30、今朝は、3人(公、禎、嘉)で散歩に行った。









☆午後裏山斜面の下草刈り。







スライドショーには JavaScript が必要です。




☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



池田 香代子 ブログ









社会・世界情勢

【動画あり】森住卓さんによる高江問題入門きのうは、動画をあとたかだか40分見ることができないという根性なしのところをお見せしてしまいました。でも、と開き直りますが、どうせ見るならこちらのほうが勉強になります。



辺野古の問題はわりと知られていますが、その北の東村高江(ひがしそんたかえ)につくられようとしている米軍ヘリパッドのことは、まだまだ知らない人のほうが多い。それを一からコンパクトに説明してくださっているのが、朝日ニュースターに出演した報道写真家の森住卓さんです。ここに配備予定のオスプレイという巨大なヘリコプターと航空機のハイブリッド体は、開発段階でたくさん墜落して死者を出しているだけでなく、イラクやアフガンに実戦配備されている今もなお事故を起こしています。そんな危険なものが実弾を積んで離着陸するようになる基地が、豊かなヤンバルの森に抱かれたちいさな集落を囲むように15カ所も配置されていて、今も大型ヘリがうじゃうじゃしているのですが、さらに6カ所増設されようとしています(オスプレイについては、こちらにも書きました)。もちろん人びとは反対しています。監視テントに24時間交代で詰めて、防衛施設庁とにらみあっています。



国はそんな住民を、事業を妨害したとして裁判にうったえています。あしたも公判が開かれます。ビデオをつくったり、ブログを書いたり、ちらしを配ったりすることが、国の事業を妨害しているのだそうです。だとしたら、ジャーナリストや市民は、政治批判も意思表示もできなくなります。司会のアワープラネットTVの白石草(しらいしはじめ)さんが、それはスラップ裁判(恫喝裁判)といって、国や大企業がジャーナリスト個人や市民を訴えて気持ちを萎えさせる、ヨーロッパなどでも問題になっているものだ、と説明していました。なんと卑劣姑息な手法でしょう。高江裁判の原告には、幼い子ども含まれていました。その意味でも、高江のことはひとごとではありません。私もこのブログはじめ、微力ながら「国の事業を妨害しようとしている」わけですから、私だっていつ訴えられるか知れたものではありません。ミュージシャンの知久寿焼さんも、サイトのトップに書いたり(こちら)、高江でライブをしたりしていますから、目をつけられているかも知れない。きをつけてね、知久さん。



そんなことも含め、どうぞご覧になってください。これは「その1」で、「その3」まであります。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中