☆ 動画→資源エネルギー庁主催による「双方向シンポジウム・どうする高レベル放射性廃棄物」

*今日の「最低気温0℃→最高気温7℃」



☆Twitter・Blog・HPで知るマスコミが報道しないニュ-ス!



現在は、素晴らしい情報化社会に私達は生きていると実感できるのが、今回の動画「双方向シンポジウム・どうする高レベル放射性廃棄物」です。池田香代子ブログ(1月20日)で紹介されています。現在の見るべき番組がないTVとは大違いです。自宅で、熱いコ-ヒを飲みながらのシンポジウムに参加できます。



[article9net-wakayama]グループの掲示板への投稿を転載。



 金原です。



 池田香代子ブログ(1月20日)で教えていただいた情報の「拡散」です。

 http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51740657.html


 去る2010年11月20日(土)、岡山市において、資源エネルギー庁主催による「双方向シンポジウム・どうする高レベル放射性廃棄物」が開催され、その模様が、当日配布資料のPDFファイルとともに、発言の全部の動画が公開されています。URLはこちらです。

 http://www.dousuru-hlw.jp/okayama.html


 このサイトの中に「当日の様子を動画でご覧いただけます」というコーナーがあり、その下の、

    主催者挨拶

    進行について

   第一部:「地上管理」と「地層処分」はどちらが安全(危険)なのか?

    小出裕章プレゼンテーション

    梅木博之プレゼンテーション

    討論1

   第二部:なぜ、東京に地層処分施設をつくろうとしないのか?

    小出裕章プレゼンテーション

    梅木博之プレゼンテーション

    討論2

   フロアとの質疑応答

の各パートに別れて視聴できるようになっています。

 双方向の対論を行ったお2人は、

   小出裕章(こいで・ひろあき)氏(京都大学原子炉実験所 助教)

   梅木博之氏((独)日本原子力研究開発機構 地層処分研究開発部門 研究主席)

です。

 何しろ、エネルギー問題についての基礎知識が甚だ不足している身としては、このような「対論」

を視聴することによって、より論理的に説得力のあるのはどちらの考えなのか、ということを自分で

判断するよすがとなります(もっとも、全部視聴しようと思えば、相当時間がかかりそうですが)。



 私は、「わかやま環境ネットワーク」のMLにも登録しているので、本来ならそちらの方に投稿す

れば良いようなものですが、どうもあちらは雰囲気が違うからなあ。

 「平和」と「環境」は、常に両輪となって次世代に引き継がねばならないものですから、本MLで情報提供することへのご理解をお願いします。





 「小出裕章プレゼンテーション」などと表示された部分をクリックすると、「Windows MediaPlayer」が立ち上がって、動画の再生が自動的に始まるのですが、田村さんのパソコンでは反応しませんか?



 もしかして、「Windows Media Player」が入っていないのだろうか?

 もしもそうなら、フリーなので、マイクロソフトのサイトからダウンロードできますが。

 http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中